ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

皇居の観光名所・東御苑と外苑 松の廊下跡など史跡が数多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日の丸を振る人々で皇居が賑わう季節がやってきた。12月23日の天皇誕生日の一般参賀に続き、1月2日には新年一般参賀が行なわれる。

 現在の皇居の歴史はかつて江戸城であったこの場所に1868(明治元)年に明治天皇が京都御所から移り住んでから始まり、天皇の公務や宮中祭祀などが行なわれてきた。

 かつて江戸城本丸があった「東御苑」、宮殿や宮内庁庁舎などがある「西の丸」、天皇・皇后の住まいがある「吹上御苑」、そして現在は玉砂利が敷き詰められた公園として公開されている「外苑」の4エリアに分かれる。

 一般の人が「観光名所」として楽しめるのが、東御苑と外苑だ。東御苑は原則月曜と金曜を除いて大手門、平川門などから無料で入れるが、入園の際に窓口で入園票を受け取り、退園の際に返却する。

 東御苑は江戸城中枢といえる本丸御殿などがあった場所。今も天守台、砲台跡のほか、『忠臣蔵』の舞台となった松の廊下跡など歴史を偲ばせる史跡が数多い。

 また、香淳皇后の還暦を記念して建設された桃華楽堂や皇室に伝わる約9800点の美術品を収蔵する三の丸尚蔵館がある(入館無料)。

 外苑は365日24時間出入りでき、今上天皇成婚記念の和田倉噴水公園や、多くの観光客の記念写真スポットである二重橋がある。

 内堀の北外側に位置する「北の丸」も戦前は近衛師団の兵営地が置かれたが、現在は環境省が管理する公園となっている。昭和天皇の還暦を記念して一般に開放(1969年)され現在に至っている。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新宿御苑近くの瀟洒な環境省官舎 緊急時に御苑門開けるため
勝海舟の江戸城無血開城「柳腰外交」仙谷氏とはものが違う
終戦当時14あった旧宮家 家屋敷はホテルなどに姿を変え現存

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP