ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家入レオ、2015年第1弾シングル「miss you」は至極のせつなソング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月13日に一夜限りのワンマンライブ開催で20歳の誕生日を迎えたばかりの家入レオが、12月28日、年末恒例となったRockin’on presents COUNTDOWN JAPAN 14/15のCOSMO STAGEに15:30登場、30分全6曲のセットの中で5曲目に歌われた新曲「miss you」を来年2015年2月11日に9枚目のシングルとして発売することを発表した。

新曲「miss you」は、前述の13日に行われた“LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜”で「今日は、出来たばかりの新曲を持ってきました」というコメントと共に先行して初披露されていた楽曲で、切なく・儚い歌詞世界をミディアムポップなサウンドで包み込んだ家入の新しい進化を感じさせる、ライブでもとても印象的で心地よい余韻を残す楽曲。

“笑ってもない 泣いてもない”“僕はただ 君を ずっと 愛してたんだ”、そんなフレーズが耳に残る新曲「miss you」は本日28日より家入レオYouTubeオフィシャル・チャンネルにて予告編映像の公開もスタートしている。

また、シングル発売発表とともに、ジャケット写真などのニュー・アートワークや収録内容も発表された。「miss you」初回限定盤CDには前述の12月13日20歳の誕生日に開催された“LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜”(新木場STUDIO COAST)からのライブテイク3曲を含む全5曲を、DVDには「miss you」ミュージックビデオを収録。そして同日のライブフォトで構成されたフォトブック付。通常盤CDには表題曲の他に通常盤のみ収録となる新録音源2曲等全6曲が収録されていく。

この日のステージは新曲の他に「純情」「太陽の女神」「Silly」「Shine」「サブリナ」と、全曲がシングルチューンで構成され、パワフルな楽曲から「Silly」に代表されるような会場中に響き渡る歌声が映える楽曲まで、とても幅のある熱いパフォーマンスを見せてくれた。尚、この日のステージは家入にとって2014年を締めくくるライブということもあり、会場には入場規制がかかる程のキャパMAXのオーディエンスが詰めかけた。

そんな家入レオは、31日放送開始のこちらも3年連続となるTBS「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2014→2015」(23:45〜29:00予定)に出演することが決定している。

「miss you」予告編

リリース情報
シングル「miss you」
2015年2月11日発売

初回限定盤(CD+DVD/PhotoBook付)VIZL-770 1,800円+税
CD
M-1, miss you
M-2, 太陽の女神(from LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜)
M-3, Shine(from LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜)
M-4, a boy(from LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜)
M-5, miss you(Instrumental)
DVD
M-1, miss you(MUSIC VIDEO)
(PhotoBook)
LEO IEIRI LIVE 12/13〜thanks 2014〜のライブの模様をフォトブック化。24P。

通常盤(CD)VICL-37009 1,200円+税
M-1, miss you
M-2, I am foolish(*通常盤のみ収録新録音源)
M-3, タイトル未定(*通常盤のみ収録新録音源)
M-4, miss you(Instrumental)
M-5, I am foolish(Instrumental)
M-6, タイトル未定(Instrumental)

関連リンク

家入レオ オフィシャルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/
家入レオ オフィシャルBLOGhttp://ameblo.jp/ieirileo
家入レオ オフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/ieirileo/
家入レオ オフィシャルmixiページhttp://p.mixi.jp/leo_ieiri
家入レオ LINE公式アカウント(スマホ)http://line.naver.jp/ti/p/%40ieirileo

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP