ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【至高のつけ麺】浅草橋「紫 くろ喜」の鴨白湯つけそばがウマすぎる件

DATE:
  • ガジェット通信を≫


東京台東区浅草橋と言えば、様々な雑貨や人形の問屋街として有名な街。そんな町に絶品のつけ麺を提供してくれるお店がある。その名前は、「紫 くろ喜」。

JR浅草橋駅から歩いて5分程度の場所にこちらのお店は鎮座している。あの人気グルメサイト「食べログ」において東京のラーメン部門で第5位にランクインしていることからも、万人に愛されているお店である事が分かる。

実はこちらのお店、金曜日以外は「饗 くろ喜(もてなし くろき)」として営業されているお店。

そのため金曜日限定で「紫 くろ喜」という名前に変身し、鴨ダシのラーメンとつけ麺を提供している。

金曜日だけしか食べられないつけ麺だが、そのこだわりは細部にまで渡っており、まさに至高のつけ麺と呼ぶにふさわしい味わいなのだ。

・麺が違う
こちらの麺は濃厚な鴨ダシに負けないようにするため、ゴボウが練り込んである。また濃厚なダシがしっかりと麺に絡むよう、平打ちでさらにウェーブがかかっている。

・スープが濃厚
鴨の首ガラ、胴ガラ、もみじと香味野菜を使い、徹底的に鴨のウマミと香りを抽出し熟成させたダシを使用したつけ汁は最高の味わい。濃厚でありながらもしっかりと鴨のウマミを感じる事が出来る。

・玉葱コンフィが最高にうまい
スープには綿実油とニンニクでコンフィにされた淡路島産の玉葱が入っており、これがスープに独特のアクセントを加えてくれる。とろけるような食感と極限まで引き出された玉葱のウマミと甘みが極上の鴨ダシと非常にマッチする。

・鴨ロースがやばい
目にも鮮やかな香ばしい焼き目がつけられた鴨ロースは妖艶さすら感じさせる。実はこの鴨ロースには生揚醤油(きあげしょうゆ)と呼ばれる特別な醤油をつかった特製のタレで低温調理されており、どこまでも柔らかく鴨のウマミを口いっぱいに溢れさせてくれる。

スープ、麺、具、そのどれもが完成されて、それぞれが強烈な個性を持っているつけ麺。

しかし不思議な事に麺をスープにつけ、具と一緒に食べるとそれぞれの強烈な個性がまるで緻密な歯車を組み合わせたかのような味のハーモニーを奏ではじめる。

鴨の濃厚なウマミとコク、玉葱の甘みと香り、そしてそれらに負けない力強いゴボウを練り込んだ大地が香る麺、それぞれがそれぞれの味を引き出し合い、まるで共鳴しているかのような味が口いっぱいに広がる。

もし機会があったらこちらの鴨つけ蕎麦をチャレンジしてみてほしい。その素晴らしい味わいに必ず虜になってしまうだろう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 紫 くろ喜(むらさき くろき)
住所 東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F
営業時間 11:30~14:30/18:00~20:30
定休日 月・火・水・木・土・日曜日
HP 饗 くろ喜 大将ブログ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP