ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美味い札幌ラーメンを「命中」させる術 札幌出身作家が指南

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年末年始に、旅行に出かける人も多いだろう。地元の美味いものはどうやって探せばいいのか。札幌出身の作家で人材コンサルタントの常見陽平氏がアドバイスする。

 * * *
 年末年始ですね。旅行に出かける人も多いことでしょう。ここでは、国内の観光地で美味しくて、リーズナブルな価格の店に出会う方法をお伝えしましょう。結論から言うならば、現地在住のビジネスパーソンに聞くのが一番です。

「常見さん、札幌に行くんですよ。美味しい店と、オススメのお土産を教えてください」

 北海道札幌市出身の私には、年中、友人・知人からこんな相談がきます。大好きな故郷、札幌のことを知ってもらうべく、もちろんその都度、ニーズを聞きつつ、一生懸命喜んでお答えするのですが、たまに、「申し訳ないな……」と思うことがあります。というのも、札幌には、今も出張や帰省で年に4回くらいは行っているものの、滞在期間は短いわけで。その時間を有効活用しようと考えるため、ついつい長年通っているお店に行ってしまうわけですよ。地元の人に連れて行ってもらうお店がたまにレパートリーに増えるくらいです。

「常見さんが、好きなラーメン屋はどこですか?」とよく聞かれるわけですが、そのたびにご紹介するのは……。

・福来軒(すすきの店)
・来々軒(すすきのラーメン横丁)
・天鳳(すすきのラーメン横丁)
・寳龍(総本店 すすきの)
・純連(札幌本店 澄川)
・すみれ(札幌本店 中の島)

 くらいなわけです。最近、これに千寿という大通公園と札幌駅の中間くらいにある店が加わったくらいです。生まれた頃からずっと変わらないわけです。どうせ帰省するなら、新規開拓もいいのだけど、いつもの好きなものを食べたいと思ってしまうわけで。いや、これらのお店は、十分にご満足頂けると思いますよ。全国的にも知名度の高いお店なので、自慢できますし。

 ただ、今年のはじめに頂いて読んだ『ラーメンをつくる人の物語』(HS)という、地元の出版社が出した本を読むと、札幌ラーメンも、えびスープだとか、塩味が売りの店だとか、新興のお店が盛り上がっているようなのですよ。全然、知りませんでした。

 だから、「観光に行く際は、出身者にオススメを聞け」というのは、実は命中率が低いと思うのですよ。出身者、帰る頻度にもよりますが、たいていは知識が止まっていますから。これ、いかにも古い観光ガイドブックがすすめる内容とあまり変わらないと思うのですね。

 観光ガイドブックの話が出ましたが、これとの付き合い方も要注意です。いかにも観光客向けのお店やメニューばっかり載っているものもあります。これまた、観光地となっている都市では、観光客くらいしか頼まないでメニューがあったりするわけですよね。札幌のラーメン屋で言うならば、カニやホタテが入っているラーメンなどを見ると、複雑な心境になります。これも北海道の名物ですし、値段も高いので、地元にお金を払ってもらって感謝するわけですが、札幌市民は、あれ、食べませんから。

 一番のオススメは、現在、その地で働いているビジネスパーソンに聞くことです。彼らが普段、食べている地元の美味しいお店です。その時の流行も反映しつつ、地元の人が認める味を楽しめるわけで。地元民が並ぶ店などは最強なわけです。

 他、やや大きめの都市だと、地元の人が買う観光ガイドブックというものがあり、これは比較的信用できます。札幌だと、地元の出版社が出すラーメンガイドなどがありますし、『北海道じゃらん』は、いまだに北海道でトップクラスに売れている情報誌だったりします。地元情報が満載です。現地でこれらの本を買うという手もありますよ。

 というわけで、年末年始に旅行される方は、地元のビジネスパーソンと友達になって、観光客ではなく、現地の人に愛されるお店に行ってみてください。

 この記事を書いていて、すっかり硬直化していることを反省する40歳でした。いや、まだまだ人生これからなので、トライを忘れずにいきたいと思います。よいお年を!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
カップ麺購入数量日本一の青森県が誇る「ご当地ラーメン」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP