ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2014年度キラキラネームランキングが「スゴすぎる」とネット上で話題

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2014年も残りあとわずか。今年も実にたくさんの新しい命がこの世に誕生したが、そうした中、ネット上では今年生まれた赤ちゃんにつけられた「キラキラネーム」(DQNネーム)に関するランキング結果が注目を集めている。

これは「赤ちゃん名づけ実績 No.1 / 無料赤ちゃん名づけ(Web)」「キラキラネームクイズ」などを運営するリクルーティングスタジオ株式会社が12月25日に発表した「2014年 年間キラキラネームアクセスランキングベスト30」なるランキングで、そのいずれもが実に個性的な名前となっている。以下、同ランキングTOP10だ。

<2014年 キラキラネームランキング>
【第1位】苺愛 :[読み]「いちあ」「べりーあ」など
【第2位】華琉甘:[読み]「かるあ」
【第3位】愛羅 :[読み]「あいら」「てぃあら」など
【第4位】唯愛 :[読み]「ゆい」「ゆめ」など
【第5位】黄熊 :[読み]「ぷう」
【第6位】優杏 :[読み]「ゆあん」「ゆず」など
【第7位】七音 :[読み]「どれみ」「おんぷ」など
【第8位】璃音 :[読み]「りおん」「るのん」など
【第9位】希星 :[読み]「きらら」「きてぃ」など
【第10位】姫奈 :[読み]「ひな」「ぴいな」など
(リクルーティングスタジオ株式会社調べ)

名前の多くには、いわゆる「当て字」のようなものが多く、現状、難読解人名となっている。そのため、今回の結果を見たネット上のユーザーからは様々な反応が相次いでいる。

文・葛西敦規

【参照リンク】
http://namae-yurai.net/rareNameKirakira.htm

関連記事リンク(外部サイト)

HKT48指原が後輩にキスしまくり!エロすぎる愛情表現「サシハラスメント」が話題
息子が年老いた両親に贈った1通の手紙、書かれていた感動的すぎる内容とは
「妖怪ウォッチ」「るろ剣」「シン・シティ」・・・ヒット映画に共通する意外な要素とは
飼い主が乗った救急車の後を走って追いかける忠犬に世界中が感動
尻を出して一発レッド 大人気ない挑発で退場になったサッカー選手が話題に

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。