ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スターシップ・トゥルーパーズ』巨大昆虫タンカー・バグ完全再現フィギュア10万円で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポール・バーホーベン監督の画期的SF大作『スターシップ・トゥルーパーズ』。ロバート・A・ハインラインのSF小説「宇宙の戦士」を実写化。市民権を得るには軍に入隊しなければならない、という極端な軍事社会国家の中で襲い来る宇宙昆虫軍団と壮絶な戦争を繰り広げる若者たちを描いた、何度でも見返してしまう傑作SF映画だ。当時、宇宙昆虫の造形に憧れたSFファンも多いと思うが、今回なんと数種出て来た昆虫の中から、タンカー・バグがハリウッド発のブランド「クロニクル」よりフィギュアとして発売される!そのお値段なんと10万円!!

『スターシップ・トゥルーパーズ』は1982年に日本で公開となり、当時ではCG技術の最先端映画としてテレビに取り上げられていたのを覚えている。空軍、陸軍、軍事司令部と学生時代の成績と志望によって配属先が決まる。友情あり、恋あり、そして戦死あり。青春を戦争に捧げる若者たちを主軸に描かれるが、もうひとつの主人公はやはり宇宙昆虫=バグだ。

【予告動画】http://youtu.be/Y07I_KER5fE

バグの種類も豊富であの手この手で人間を襲う様は観ていてわくわくしてしまう。歩兵隊として大量の数で襲ってくるのがウォーリア・バグ。大きな顎で人間を切断し、鋭い歩脚で串刺しにする。劇中最もスタンダードなバグだ。そして、ホッパー・バグは大きな羽を持っている飛行型バグで、鎌状の節足で人間の胴体や首を切断してくる。プラズマ・バグは超大型で、のそのそと動きは遅いがとてつもない破壊力をもったプラズマエネルギーを放出。宇宙艦隊を撃破する対空バグなのだ。戦争を有利に戦うため適材適所に配備されており、人類顔負けの統率がとれていることが映画の後半になって判明する。

そして今回フィギュアになるのが大型のタンカー・バグ。砂の中に隠れており、アリ地獄のような罠に落ちた人間をニッパーに似た顎で切断。動きは俊敏ではないが、頭部からオレンジ色の溶解液をまき散らし、それを浴びた人間はドロドロと解けてしまう。

気になるフィギュアの仕様だが、全長60センチ、幅約45センチ、高さ約18センチの迫力の大きさ。本作のVFXも担当したフィル・ティペット監修のもと、オリジナルプロップを原型に製作。細部まで映画のタンカー・バグに忠実なつくりになっており、ファン必携のアイテム。しかし、もう一度だけお値段を。参考価格10万8千円也。

『スターシップ・トゥルーパーズ』タンカー・バグマケットは2015年2月発売予定

関連記事リンク(外部サイト)

カンバーバッチに決定!新マーベル・ヒーロー『ドクター・ストレンジ』完全解剖
現役アイドルが100kmを完全走破!ガチすぎる駅伝がアツいと話題に
往年の「クイズダービー」が一夜限りの完全復活でファン歓喜!司会はもちろん大橋巨泉
環境保護団体グリーンピースがナスカの地上絵に巨大メッセージ→批判殺到
世界最大級!体重5キロの巨大ロブスター(年齢70歳以上)が出現し地元民が騒然

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP