ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」安彦良和総監督でアニメ化!上映イベントも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」
©創通・サンライズ

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」がアニメ化され、2015年2月28日から2週間限定の上映イベントが行われる。

アニメ「機動戦士ガンダム」をベースにしたコミカライズで、累計発行部数1,000万部を誇る同作。「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザイン・アニメーションディレクターを担当した安彦良和による漫画で、設定の見直しや外伝的エピソードの追加など独自のアレンジが施されているのが特徴。

上映される「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」では、安彦良和が25年ぶりにアニメ業界に復活し、総監督、キャラクターデザイン、絵コンテを行っている。後にジオン公国軍のエースパイロット「赤い彗星」と呼ばれる男となるシャア・アズナブルと妹のセイラ・マスの過去から、ジオン独立戦争の開戦に至る物語を描く。

作品は、2人の兄妹の流転の物語を全4話で描いていており、サイド3の実権を掌握しジオン公国を統率するザビ家や、一年戦争で活躍した数々のジオン軍のエースパイロットたちの若き日の勇姿、モビルスーツ開発秘話、地球連邦軍との軋轢、開戦への道のりも明かになるという。

「劇場限定前売りチケット」(2,000円)は11月29日から発売で、「ジオン党&ムンゾ防衛隊ピンズセット」が付属。安彦良和インタビューを中心としたメイキング映像が収録されたBlu-rayが付属する「Loppi限定前売りチケット」(5,000円)は12月1日から発売している。

Blu-ray&DVDは4月24日発売で、劇場とバンダイビジュアルクラブで発売される初回限定生産版「Blu-ray Disc Collector’s Edition」(1万円)には、「安彦良和描き下ろし飾れる収納箱」「安彦良和絵コンテ集&設定資料集」が付属。通常版、初回限定生産版共に、「安彦良和コミックネームを使用した解説書」「安彦良和描き下ろしスリーブ」「スタッフ・キャストオーディオコメンタリー」「特製ブックレット」が付いてくる。

ジオン公国軍のエースパイロット「赤い彗星」シャア・アズナブル
©創通・サンライズ

シャア・アズナブルと妹のセイラ・マスの過去から、ジオン独立戦争の開戦に至る物語を描く
©創通・サンライズ

シャア専用ザク
©創通・サンライズ

▼リンク
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト
http://www.gundam-the-origin.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP