ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

優良高齢者ホームの「大賞」獲得の施設 従来のイメージ一変

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最高の高齢者ホームとは、どんな施設なのか。「高齢者住宅経営者連絡協議会(高経協)」主催、高齢者施設事業者など「高齢者ホームのプロ」21人が選考した「リビング・オブ・ザ・イヤー2014」に選ばれた優良施設を実際に訪問してみよう。ここで紹介するのは、同賞の大賞に輝いた住宅型有料老人ホーム「アクラスタウン」(福岡県太宰府市)だ。

 とにかくホーム全体が「明るい」。採光が工夫され、太陽光がふんだんに差し込むからだけではない。リビングやダイニングなどの共用スペースがいたるところにあり、個室のドアはいつも開いている。

「閉めるのは寝る時だけ。体調を崩して寝込んでいても、いつも誰かの声が聞こえて安心です」(入居者の70代女性)

 入居者やスタッフの声だけではない。施設を訪れた家族や近隣住民、子供たちの声。笑い声や話し声、時には怒った声や泣いた声。誰かの声がいつも施設内に響き、部屋にいる人の耳にも届く──。

「リビング・オブ・ザ・イヤー2014」で大賞に輝いたのは、従来の高齢者ホームのイメージを一変させる施設だった。

 ぬくもりのあるログハウス風の建物は、外観・内装に無垢材をはじめ、自然素材をふんだんに採用した。その建物の周囲には門や塀が設置されていない。だから、近所の人が犬の散歩の途中に敷地内を通り抜け、近所のひとり暮らしの老人や若い親子が施設内にやってくる。

 そんな時には窓ガラス越しに人工呼吸器を付けてベッドで寝ていたり、経鼻チューブをしながらリクライニング式車椅子で休んでいたりする入居者の姿が目に入る。それでも、施設の持つ独特の「明るさ」がそこに違和感を持たせない。入居者が地域社会の一員として自然に溶け込んでいるのだ。

 自身も看護師資格を持ち、10年以上訪問看護の現場で働いてきた運営会社・誠心の吉松泰子社長が「こだわり」をこう語る。

「施設の中で過保護ともいえる介護をするのではなく、入居者に社会の一員として過ごしてもらいたいと考えました。かといって、要介護者が施設を出て働くような形での社会参加は難しい。そこで、施設の暮らしの中に社会性を持った人、つまり地域の人たちに来てもらえる仕掛けを考えました。

 まず敷地の中に美味しくて安い食事処を作りました。すると、自然に近隣の人たちが敷地内に入ってくれるようになりました。

 続いて皆さんが建物の中にも入ってくれるように、手作りケーキを提供するカフェ、図書館、ギャラリーを構えました。入居者は“我が家にお客さんが来てくれる”と鼻高々です。いつもきれいに着飾り、リビングで地域の人と入居者が自然に会話するようになった。それこそ私たちが目指している『社会型老人ホーム』なんです」

 居室の広さは9~38平米と4タイプ(単身向け個室は9~15平米)あり、全45部屋は間取りがすべて異なる。

「将来的には、まったく新しい形の集合住宅にしたいと考えています。要介護の方だけではなく、学生やビジネスマン、ファミリーにも入居してもらい、あらゆる世代がお互いに助け合って暮らしていけるよう、さまざまなタイプの居室を作りました」(同前)

 実際、入居しているのは要介護の高齢者だけではない。40代の難病患者や、夫がパーキンソン病を患う夫婦なども一緒に暮らす。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高齢者ホーム選びを間違えないためのポイントを専門家が解説
老人ホームへの期待No.1は「食事」85% だが「満足」は18%
長年暮らす入居者を「償却切れ」と老人ホーム運営者呼び波紋

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP