ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ドクターX』続編熱望するテレ朝に対して米倉涼子の思惑は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が、全話平均視聴率22.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を記録。NHK連続テレビ小説『花子とアン』やフジテレビ系『HERO』を抜き、今年の連続ドラマで視聴率トップに立った。

「私、失敗しないので」という強気なフリーランスの女性外科医の活躍を描く『ドクターX』は、2012年から始まり、今回で第3期を迎えた。平均視聴率こそ第2期に0.1%及ばなかったが、初の全話20%超えを達成。最終回には、過去最高となる27.4%を残し、いまやテレ朝の看板ドラマに成長した。テレビ朝日関係者が話す。

「まさに米倉涼子さまさまです。春先から、全体的に局の視聴率が落ち込み、良い話題が少なかった。そのなかで、『ドクターX』が頑張ってくれたことで、今年も全日視聴率2位を何とか確保できそうです。米倉さんには、ぜひ来年も主演してほしい。局の誰もがそう願っています」

『ドクターX』を続けてほしいとテレ朝が願うウラには、『相棒』の不調があるという。

「万年民放4位だったテレ朝が躍進した理由のひとつに、ドラマ『相棒』の存在がありました。16時台に再放送される『相棒』が毎日2ケタ前後を獲るので、17時台の『スーパーJチャンネル』の数字も安定していたのです。視聴率戦争において、帯番組は最も重要です。だから、『相棒』には頭が上がりません。

 ただ最近になって、16時台の『相棒』の視聴率が落ち始めている。11月は6%台になることも珍しくなかった。それに引きずられるように、『Jチャンネル』の数字も下降したんです。たとえば、11月11日は『相棒』が6.7%で、『Jチャンネル』も6.3%に。17日も、『相棒』が6.7%と伸びず、『Jチャンネル』も6.6%。18日は両番組とも6.6%に終わりました。

 これまで『Jチャンネル』は8~9%台を保ち、2ケタに乗ることもあった。たとえば、10月21日~23日は『相棒』が11%台で、『Jチャンネル』が9%台でした。明らかに『相棒』の視聴率に影響を受けています。そのため『相棒』の不振は、全日視聴率に響いてくるのです」

 12月に入ってからも、『相棒』の再放送は主に7~8%台。10月から水曜21時台で、『相棒 season13』が始まっているが、こちらも以前ほどの勢いはない。20%超えは一度もなく、7話では13.8%となった。

「そのため、『ドクターX』は、“ポスト相棒”として期待されているのです。毎年シリーズを続けることで、いずれ、現在の『相棒』再放送枠に当て込みたい。また映画化すれば、ヒット間違いなしでしょう。放送外収入に重きを置いている最近のテレビ局にとっては、そういう意味でも重要なコンテンツなんです」

 そうしたテレ朝サイドの思惑とは裏腹に、米倉サイドに『ドクターX』を続ける意思は薄いという。芸能関係者が話す。

「役者は一度イメージがつくと、ほかの役をやりづらくなる。米倉もそれを危惧し、『今回で最後にしたい』と話しているそうです。今の『ドクターX』を毎年続ければ、米倉は他のドラマに挑戦しづらくなってしまう。

 ギャラも1本500万円という破格だったと言われているし、来年もやるとなれば、さらに額は上がるでしょう。テレ朝としてはいくら払っても続けたいが、米倉側はまだ首を縦に振っていないと聞いています」

 米倉涼子は『ドクターX』を続けるべきなのだろうか。

「役者にとって、当たり役はそうそう見つかるものではない。米倉は今年、3本のスペシャルドラマに出演しました。しかし、数字を獲れたのは『家政婦は見た!』(3月2日放送、テレビ朝日系)の17.4%だけ。7月2日『松本清張 強き蟻』(テレビ東京系)は10%、8月9日『アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子』(フジテレビ系)は10.8%で、それほど良いとはいえない。昨年主演した連ドラ『35歳の高校生』(日本テレビ系)も、全話平均視聴率 13.3%と大ヒットというわけにはいかなかった。

 要するに、米倉の主演ドラマなら、何でもヒットするという状況ではない。となれば、みずからのキャラクターに合った『ドクターX』を続けるほうが賢明だと思います。それに、テレビ朝日との相性が良いことも数字に現れていますからね」(同前)

 はたして米倉はどのような選択をするのだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米倉・篠原の「W涼子対決」 まだ視聴率女王の決着つかず
米倉涼子『ドクターX』第二弾の現場でも幸運の焼肉弁当配る
テレ朝の局内 遂に「神様、仏様、米倉涼子様」との声が出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP