体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男の肌の新習慣‼ 泡洗顔でその日の汚れはその日のうちにしっかり落とそう

生活・趣味
泡洗顔をはじめよう

新年から泡洗顔デビュー

あなたは正しい洗顔ができているだろうか。たかが洗顔だろ、と思われるだろうが侮るなかれ。その日1日の顔の汚れを落とすのが洗顔の目的だが、自分の顔が汚れていることに気づいていない男性が多すぎる。顔にはハウスダスト、花粉、PM2.5などの大気汚染物質など、空気中に浮遊する目に見えない汚れが付着しやすく、洗顔をせずにそのままにしていると、肌荒れ、赤み、かゆみといったトラブルを起こすこともあるのだ。

洗顔で落とす汚れは、先述のような空気中の浮遊物質だけではない。ベタつき、テカリ、脂っぽさの元である皮脂と、ザラつき、くすみの元である古い角質もターゲットだ。皮脂や古い角質が常に肌の上にあると酸化して、肌荒れ、色素沈着、毛穴詰まりの原因にもなる。肌を清潔に保つためにも洗顔は必要なのだ。

よし、洗顔をしよう! と意気込むのはいいが、水だけでバシャバシャと洗うのはちと違う。今回、おすすめする正しい洗顔は、洗顔料を使った泡洗顔だ。まず洗顔料を使う意味だが、空気中の浮遊物質だけを落とすなら水洗いだけでもいいが、皮脂は結局、脂なので、水だけではしっかり落ちない。脂を浮かせて落としてくれる洗浄剤、つまり、洗顔料が必要なのだ。最近の洗顔料はとても進化していて、選択的に汚れだけを落として、肌に必要な潤いは残す、または与える処方。そのため、水洗いや洗顔料以外の洗浄料、例えばハンドソープやボディソープで洗った際に起こりがちな、肌のつっぱり感はなく、しっとりとした調子のいい肌状態を体感できる。

そしてもうひとつ重要なポイントは、泡洗顔の肝となる泡。しっかりと泡立てた洗顔料の泡は、汚れの吸着力が高く、また肌と手の間で起こる摩擦を抑えるクッションの役目を果たす。泡で顔を洗うというしぐさを、女々しいと感じる人もいるかもしれないが、男のプライドを押し殺しても、お釣りがくる気持ちよさだ。ぜひ実践して欲しい。それでは、さっそく、顔を洗ってみようではないか。

まずは手洗いから

 

洗顔を始める前はまず手を洗うこと。手に付着している雑菌や汚れを落としておく。

顔を濡らす

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
白倉綾子の記事一覧をみる

記者:

美容ライター。ファッション雑誌、ライフスタイル雑誌、ビューティー雑誌を中心に美容記事を執筆中。斜め目線で美容を語るブログも時々更新。ayashira.jugem.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会