ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「視聴者の気を惹くテレビの仕掛け」について女性作家が考察

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ局の番組には、様々な試み、仕掛けが施される。だが、受け取る側の評価は時に紙一重だ。作家で五感生活研究所の山下柚実氏が分析する。

 * * *
 日本のテレビ局も視聴者も、クイズ番組が大好き。NHKから民放まで揃って、健康から食、国語算数、脳力、記憶力、漢字力、旅の蘊蓄とずらり…ありとあらゆるテーマについての「質問と答」が並んでいます。

 真面目な性格の人が多い日本人。「その答は何でしょうか?」と質問されると、ついテレビ画面にむかって正しい答を探り出そうとがんばる。質問というものは、いわば「謎」の提示です。「謎」を掲げることによって、相手の気を惹くことができる仕掛けです。

「今なぜそれを私に聞くの?」、「その質問自体、おかしいよ」と、質問そのものにチャチャを入れたり、場をぶちこわすような発想をする人は少数派。だからこそ、日本でこれほどたくさんのクイズ番組が成り立っているのかもしれません。 謎かけスタイルの娯楽文化――クイズ番組をそうとらえてみれば、目くじらをたてることはない。質問を出され、その答を一緒に探したい人が楽しんで見ているわけですから。

 けれども、謎を掲げて「気を惹く仕掛け」が、時にお門違いになることも。クイズ番組だけでなく別ジャンルに浸食しすぎれば、不愉快さにつながったりすることもある。

 たとえば、天気予報。こっちは真剣に聞いている。年末年始は家族揃って外出したり、なかなか会えない人と会食したりという、特別な予定が入ってくる時期。その時に「雪が降るかもしれない」と言われたら、かなり慌てませんか。雪に慣れていない東京人なんか、聞いただけでハラハラドキドキしてしまう。 

 TBSの情報番組「ひるおび!」で天気予報士・森朗さんが、年末年始の天気を解説していました。その内容が何だかもやもやとはっきりしない。東京でもしかしたら雪が積もるかもしれないなどと、「匂わす」。匂わせながら、しかしはっきりしたことは言わず。あえて曖昧な口調? こんなタイミングで、天気に謎かけですか?

「天気に異変が起こるかもしれない」という情報は、たしかに視聴者の気を惹く。面白おかしく天気を語るキャラクター・森氏ならではの、視聴率を稼ぐ常套手段なのかもしれません。でも、天気予報はクイズや娯楽とは違う。必要以上の思わせぶりな態度や謎かけは無用、そう感じている視聴者、意外と多いのではないでしょうか?

 同じく、思わせぶりなシーンがあまりに多くて気になったドラマもありました。

 12月22日・23日、NHKで2夜連続放送された特別ドラマ『ナイフの行方』。大御所・山田太一氏の書き下ろしということで注目され、配役や番宣にも力が入っていました。

「無差別に人を刺そうとナイフを懐に入れた青年・次男(今井翼)は、たまたま目が合った老人・拓自(松本幸四郎)に組み伏せられ、足の骨を折られて自宅に連れ込まれる。真意をいぶかる次男に、「骨折が治るまでだ」と拓自は亡き妻の部屋を次男に明け渡す。自分自身のことも話さない、次男のことも聞かない、拓自との不思議な同居生活が始まる」(NHKによる紹介)。

 突然起こる謎めいた出来事。見知らぬ老人に足を折られた若者が、老人の家に入り込み同居。そうなった事情も動機も、はっきりと語られないままドラマはどんどん進む。台詞も謎めてばかり。「知り合いだが友達とはいえない」「30年ぶりに変な男が訪ねて来た」「自分のことは話さないようにしている」……思わせぶりな要素がたっぷり。

 もちろん、犯人捜しの推理ドラマや刑事サスペンスものという前提ならば、それでいいでしょう。しかし、このドラマは「若者の孤立感」や「高齢化社会の孤独」といった社会的問題を扱う作品。一人暮らしの高齢者の内面に向き合おうとした意欲作。そうした社会派ドラマに、必要以上の「謎解きの応酬」は見ていてちょっとつらい。長時間つきあわされているうち、イライラしてきてしまう。

 それはひとえに、脚本家だけが話の全体を知っていて、視聴者は断片ばかり見せられるから、です。謎を小出しにして、次のシーンへと引っ張っていこうという趣向? いわば、クイズ仕掛けのドラマ? 「神」の視点に立つ作家から見下ろされ、作家のいいように操作されている視聴者、といった苦い印象ばかりが残りました。

 今期の秋ドラマで人気を集めた『きょうは会社休みます』(日本テレビ系水曜日午後10時)のように、今の時代は作り手も見ている人も、フラットな位置に立って、互いの共感を響きあわせたり、対話することが求められているのでは? そう感じたのは、私だけでしょうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元テレビP「あまちゃんはヒットドラマの要素全て持ってる」
『あまちゃん』後番組の杏 重圧で倒れることをスタッフ心配
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP