ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100年以上前からあるまつ毛メイク術 負担あるのでケア重要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も残りわずか、新年を気持ちよく迎えるために、年末はヘアサロンやネイルサロンでケアする人も多い。昨今はまつ毛エクステをする人も増えており、髪や爪だけでなく、まつ毛も“年末のケア予定”に入れている女性も少なくないだろう。

 まつ毛をしっかり労わる「まつ育の日」に制定された12月19日、まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」をはじめ、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファーが、Webサイト『#まつ育アカデミー』に「世代別 まつ毛メイクの黒歴史」を公開した。

 同社ではこの「世代別 まつ毛メイクの黒歴史」コンテンツ作成にあたり、各年代が「現役女子高生だった10代の頃に取り入れていた“まつ毛メイク”術」の調査(10~50代女性500名対象)を実施。時代と共に移り変わる“まつ毛メイク”の実態が明らかになった。

 同調査によると「初めて、まつ毛メイクをした年齢」の平均は、17.7歳で高校2~3年生くらい。年代別の平均を見ると、10代が15.1歳、20代は15.4歳、30代は17.8歳、40代は20.2歳、50代は22.0歳という結果で、若い世代ほど“まつ毛メイクデビュー”が早まっている。そうしたまつ毛メイクは「昔からある」と語るのは、化粧心理学や化粧文化論を専門とする京都大学研究員の平松隆円さん。

「化粧は有史以来行なわれてきたもので、なぜ化粧をするのかについてはさまざまな理由がありますが、美しくなりたいという気持ちは人間の歴史と共にあると言っていいでしょう。その中で、化粧品や化粧方法も日々進化を遂げてきました。最近では若い女性を中心として、目元のメイク(アイメイク)に力を入れている人が多いですよね。アイメイクというとつい最近のものというイメージが持たれがちですが、実はその歴史は古い」

 平松さんによると、大正時代には既に現代の「つけまつ毛」や「まつ毛エクステ」的なものを作った浅草芸者の存在や、マスカラ代わりに眉墨を使ったメイク術が紹介された美容本の記録があるという。

「今から100年以上前から、まつ毛が長く濃いのは美人と考えられていたわけです。これらはどれも、目元を強調して、結果的に大きく見せる化粧方法。日本美人=目が細いというイメージがありますが、実際は昔も今と変わらず、アイメイクや“まつ毛メイク”を重視し目元をパッチリとさせたかったのです」(平松さん)

 一方、現代のまつ毛メイクの変遷を同コンテンツから紹介すると、1970年代「あたためたスプーンをビューラー代わりに使う」「コームにつけたヘアスプレーでまつ毛のカールを固定する」、1980年代「ドライヤーやライターでビューラーをあたためる」、1990年代「ウォータープルーフマスカラ」、2000年代「まつ毛パーマ」、2010年代「つけまつ毛」と並ぶ。

 ちなみに40代半ばの記者は、どのアイテムも鮮明に憶えているが、特に印象深いのは“昔のメイク術”。1970年代のスプーンやヘアスプレーは、メイクに興味津々だが「まだ早い!」と親にブロックされ、親戚の家へ行った際に従姉が鏡に向かっている姿に貼りつき、“スプーンで、くるんとなるんだ~”や“ここでヘアスプレー!?”と、いちいち感心していたし、もちろん1980年代には、ビューラーをドライヤーであたためていた。

 しかし、こうした“歴史”を通ってきた人のコメントを見ると「10代からマスカラ、ビューラーは欠かさず、加えてここ数年で様々なまつ毛メイクを試したが、ダメージが大きくてすべて中止。10代からすべてのまつ毛メイクを継続していたら今頃、見る影もなかったと思う」(53歳)や「若い頃から色々なまつ毛メイクで負担をかけていた友人は、今まつ毛をすっぴんにできないらしい」(42歳)というように、厳しい現実と向き合っている。

 実際「10代からの“まつ毛メイク”は地まつ毛の負担になると思いますか?」という質問に、85%が「思う」と回答。しかし「10代の頃にまつ毛ケアをしていた」人は、わずか20%で、「現在、まつ毛ケアをしている」人は30%と、メイクとケアのバランスが取れてない人が多く、20代で既に「若いときは化粧をすることに必死でケアをしなかったため、今は抜けやすいしハリもない」(27歳)というコメントをしている人も。

 こうした調査結果を受けて、前出・平松さんは「日々のまつ毛ケア」をオススメしている。

「手法やトレンドは時代と共に変化していますが、長い時代にわたって女性たちは、“まつ毛メイク”をはじめとしたアイメイクに力を入れてきました。しかし化粧である以上、どの時代の“まつ毛メイク”も、まつ毛に負担をかけてしまうものが多い。それに対する意識が浸透してきた影響か、“まつ毛メイク”アイテムとともに、まつ毛ケアのアイテムにも進化が見られます。正しくまつ毛のことを知り、きちんとケアをするという意識が重要ではないかと感じます」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
残念な「ブスまつ毛」最新事情 新種に「ムカデまつ毛」など
まつ毛美人1位は中国 ケア不足の日本女子は“ブスまつ毛”
まつ毛メイクの目ヂカラ かかる負担は“つけま”1年で95kg

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。