ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エース不在の女子フィギュア「新女王」へジュニア勢にも期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月26日に開幕したフィギュアスケートの全日本選手権。五輪王者・羽生結弦が引っ張る男子と対照的に、27日から始まる女子は「エース不在」だ。浅田真央、鈴木明子、安藤美姫ら、世界で実績を残した選手らが休養あるいは引退を宣言する中、誰が勝っても“初めての女王”誕生となる戦いが幕を開ける。注目は、ソチ五輪に出場した村上佳菜子(20)らシニア勢と、彼女たちに挑む樋口新葉(わかば・13)らジュニア勢との戦いだ。

 今年の全日本ジュニアチャンピオン、中学2年生の樋口が注目を集めている理由はいくつもある。ジュニア初参戦となる今年、187.95点という圧倒的なスコアで全日本ジュニア選手権を制した。中学2年での優勝は、安藤、浅田以来3人目の快挙であり、その後、初出場したジュニアグランプリファイナルでも3位表彰台と健闘。そんな樋口の持ち味は、ジャンプだ。ソチ五輪金メダリストのソトニコワやキム・ヨナらが得意としたルッツからの3回転連続ジャンプをダイナミックに決め、高得点を叩きだしている。また、すでにトリプルアクセルや4回転も練習中だという。

「“(伊藤)みどり2世”という言葉がこれまでたびたび使われてきましたが、この言葉が一番ふさわしい選手を挙げるとしたら、おそらく樋口選手でしょう。ジャンプの質やタイプがみどりさんと似ている。豪快なんです。13歳で臨む全日本は緊張すると思いますが、高さ・幅・スピードの3拍子揃った素晴らしいジャンプを、ぜひ決めてほしいですね」(フィギュアスケート関係者)

 表彰台に乗ることができれば、全日本初出場で3位となった安藤以来となる。

 現行ルールでは、全日本ジュニア選手権の上位6人が全日本選手権に出場でき(ジュニアの下位カテゴリーであるノービスの選手が上位に入った場合は除く)、樋口だけでなく、美しいスケーティングと優雅な身のこなしが魅力の永井優香(16)ら、全日本初披露となる若きスケーターらの躍進も期待される。現在、世界の女子フィギュア界を席巻するのは10代のロシア勢だが、日本の10代も熱いのだ。

 ちなみにフィギュアスケートにおけるジュニアカテゴリーは「13歳から18歳」までで、シニアは「15歳以上」(7月1日時点の年齢)。シニア移行へのタイミングは選手が決めるため、15歳でシニアの選手もいれば、18歳でジュニアの選手もいる。この「15歳」はオリンピックの出場資格年齢でもあり、現在13歳の樋口も平昌五輪の出場資格を年齢的にはクリアしている。

 ジュニアが攻勢をかける一方で、シニア勢の新女王へかける意気込みも、並々ならぬものがあるだろう。今年20歳になった村上。今季はショートおよびフリー共に「オペラ座の怪人」を使用し、ヒロイン・クリスティーヌと主人公・ファントムを演じ分けるという難プログラムに挑んでいる。織田信成との“変顔”をツイッターで惜しげもなく披露するなど、陽気なキャラクターが持ち味の村上だが、NHK杯では4位に沈み顔を曇らせた。そうした中で、トレードマークの“弾ける笑顔が見たい”と望むファンは多い。

 また、日本人女子で唯一グランプリファイナルへの出場を果たし、新ヒロインとして脚光を浴びた本郷理華(18)。安定感のある演技で、出場したグランプリシリーズ2大会ともに表彰台に乗った宮原知子(16)にも期待がかかる。宮原にはまだ国際大会での大きな実績はないが、確かな技術を一つひとつ積み上げるような繊細な演技は、大きな伸びしろを感じさせる。

 この混戦の中で、勝負を分けるポイントは何になるのか?

「大舞台で自分の力を出し切ること。緊張や雰囲気にのまれずに、練習の成果を出すことが何より大事です。技術的なポイントを一つ挙げるとしたら、エッジエラーやジャンプの回転不足が勝敗を左右するかもしれません。今季のルール改正で、ルッツとフリップの踏切時のエラー判定が厳格化され、減点が大きくなりました。回転不足にならないことも大事です。今のルールでは、回転不足のジャンプは、転倒するよりも点数が低くなることがあります」(前出・フィギュアスケート関係者)

 新女王の栄光を手にするのは誰か? 勝負の行方を見守ると共に、選手たちの個性豊かな演技を堪能したい。

<全日本フィギュアスケート選手権2014 放送スケジュール>
■12月26日(金)19時~21時24分
男子ショートプログラム
■12月27日(土)18時30分~23時10分(一部地域を除く)
女子ショートプログラム、男子フリー
■12月28日(日)19時~21時09分
女子フリー
■12月28日(日)27時25分~28時(関東ローカル)
アイスダンス、フリーダンス、ペア・フリー

<メダリスト・オン・アイス2014 放送スケジュール>
■12月29日(月)18時~19時54分

※いずれもフジテレビ系列にて放送


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
羽生結弦DVDが「アスリート史上初」の売れ行き 何が凄いのか
安藤美姫と交際のハビエル 度量の大きさ評価もモテすぎ心配
町田樹の人生哲学「心を整えたいときは部屋を片付けます」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP