ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】ノーベル平和賞授賞式、警備される悲しさ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
 D’aprés le professeur Jenkins la recherche des robots intelligents, amènerait à la fin de l’Humanité…!
ジェンキンス博士によれば、人工知能のロボットの開発によって、人類が全滅する…!

Les gens de notre époque sont devenus dépendants du portable!
現代人は携帯電話依存症状態!

La cérémonie du Prix Nobel de la Paix protégé par la police et l’armée, de nos jours, c’est triste!
ノーベル平和賞の受賞式は警察と軍隊に守られる。悲しい!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【キャラビズム】ロボットが一台増えると、労働者は一人減る!
【キャラビズム】消臭剤で家の臭いは消えるが、家庭の温もりも
【キャラビズム】国際テロ、関係なくても流れ弾に当たる危険

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP