体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICK、1900年リリースの名盤『惡の華』スペシャルサイトとトレーラー映像を公開

BUCK-TICKが2015年2月1日(水)に発売する、1990年リリースのアルバム『惡の華』の25周年記念作品スペシャルサイトを公開した。

メモリアルボックス 「惡の華 -Completeworks -」 (okmusic UP's)

同サイトでは、作品のトレーラー映像、制作プロデューサーが語るオリジナル当時から2015年版に至る『惡の華』のエピソードなど、『惡の華』の世界に存分に触れることのできる、充実の内容。そのほかBUCK-TICKにゆかりのあるアーティストから寄せられたコメントなど、随時更新されていくのでチェックしよう。また同作のトレーラー映像では、今作は1990年のオリジナルマルチテープをメンバー監修のもと新たにミックス、高音質盤“プラチナSHM”ディスクでリリース、メモリアルボックス、アルバム、ビデオアルバムと3形態に加え、初のハイレゾ配信も行われるが、このハイスペックな作品の全貌と解説がわかりやすく盛り込まれている。

加えて「惡の華2015」のFacebookページも開設。Facebookページ特別企画として、特別試聴会が行われることも決定。2015年版ミックスやオリジナル版ハイレゾ音源の一部をハイスペックなリスニング環境で試聴できるほか、今作の制作行程に関する貴重な解説なども予定されている。応募方法や詳細は「惡の華2015」Facebookページで確認しよう。

25年の時を経て生まれ変わる、日本のロック史に燦然と輝く大名盤『惡の華』。同作の発売まで、スペシャルサイトなどでチェックしよう。

■BUCK-TICK「惡の華2015」Facebook
https://www.facebook.com/akunohana25
■「惡の華-Completeworks-」スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/b-t/akunohana25/

特報!!BUCK-TICK「惡の華」、新生。
https://www.youtube.com/watch?v=c3AWPNUyUR8&feature=youtu.be

完全生産限定・メモリアルボックス 『惡の華 -Completeworks -』
2015年2月1日(水)発売
【ディスク5枚組】
VIZL-772/¥13,800+税

<メモリアルボックス内容>
■Disc-1 / アルバム 『惡の華 (2015年ミックス版)』
オリコンチャート1位、ダブルプラチナディスクを獲得した日本ロック史に残る金字塔アルバム。その25年前のレコーディングテープをメンバー監修のもと、バンドが信頼を寄せつづける制作プロデューサー田中淳一氏のバックアップも得て、レコーディングエンジニア比留間整氏が新たにミックス!制作当時、48khz/16bitで録音された各パートの音源を各楽曲の特性にあわせ改めてトラックダウンし直し、さらにビクタースタジオのオリジナル技術”K2HDプロセッシング”により176.4khz/24bitにアップコンバートされたハイスペックデータを製造工程に使用、録音マスターが持つポテンシャルを最大限に引き出した新音源を、高音質で話題のプラチナSHMディスクに収録します。

※世界のロック名盤がプラチナSHMで続々とリリース中!プラチナSHMディスクは高音質を実現したCDプレーヤー再生用ハイエンドディスクです。ほとんどすべてのCDプレーヤーで再生できます。
 1. NATIONAL MEDIA BOYS/2. 幻の都/3. LOVE ME/4. PLEASURE LAND/5. MISTY BLUE/6. DIZZY MOON/7. SABBAT/8. THE WORLD IS YOURS/9. 悪の華/10. KISS ME GOOD-BYE

■Disc-2 / シングル 『惡の華 (2015年ミックス版)』 
オリコンチャート週間1位、月間1位、プラチナディスクを獲得したアルバム先行シングルの2015年ニュー
ミックス版!Disc-1同様、比留間整氏が新たにミックスし、最新マスタリング技術により生まれ変わった新
音源をプラチナSHMディスクに収録します。Disc-2は本ボックス限定の貴重なアイテムです。
 1. 惡の華(シングルバージョン)/2. UNDER THE MOONLIGHT(オリジナルアルバム未収録)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。