ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『REC/レック』最終章、美人すぎるタンクトップ戦士・アンヘラが血まみれで復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全世界にトラウマを刻み込んだ、超人気パニックホラー『REC/レック』シリーズが、ついに最終章を迎えるという。それに伴い、この年の瀬まっただ中に、シリーズ最後となる『REC/レック4 ワールドエンド』のビジュアルが解禁された。

2007年に公開された第一作は、バルセロナの古いアパートを舞台に、人々の壮絶なサバイバルをP.O.V.のドキュメンタリー・スタイルで描き、世界中で大ヒット。その後、2作目、3作目と続いてきたが、ついに本作『REC/レック4 ワールドエンド』で完結を見せる模様。

4作目は『REC/レック2』のラストシーン直後からスタートし、バルセロナを飛び出して海上の密閉空間へ。そこでの新たな感染パニックは人類存亡の危機さえも予感させ、シリーズ最終章にふさわしい壮大なスケール感をみなぎらせている。

もうひとつ特筆すべきなのが、マニュエラ・ヴェラスコ演じる戦う女リポーター、アンヘラ・ビダルの復活だ。今回解禁となったビジュアルでは、タンクトップ姿で血まみれ状態のアンヘラの手に、同じく血にまみれた船外機が…。本作の舞台は海上に浮かぶ巨大な密室貨物船なのだが、アンヘラの背後にはおどろおどろしい色の海が描かれ、臨時検疫施設として改造された船内で繰り広げられる、シリーズ最恐最悪の惨事を予測しているようだ。

大勢の死者を出した謎のウイルス流出事件の唯一の生き残りとして貨物船に乗せられ、執拗な監視を受けるアンヘラ。船に隠された秘密を探ろうとするが、突如、船内でウイルスが拡散する非常事態が勃発。凶暴化した感染者たちが荒れ狂う中、ウイルスの発生源との疑いをかけられたアンヘラは絶体絶命の窮地に追い込まれていく…。

世界中に感染パニックのトラウマを刻み込み、拡散&増殖を繰り返してきたシリーズは、はたしてこの最終決戦でいかなる驚愕のエンディングを迎えるのか。

『REC/レック4 ワールドエンド』は1月31日(土) 新宿武蔵野館、シネマサンシャイン池袋ほか全国順次公開

(C)2014 REC APOCALYPSE, AIE – CASTELAO PICTURES S.L. All rights reserved.

■参照リンク
『REC/レック4 ワールドエンド』公式サイト
http://www.rec4.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

これはヤバい!女性が「器の小さい男」と感じる男性の特徴10項目
安田大サーカス・クロちゃんのドッキリがネット上で話題 「ドン引きwww」「出禁レベル」
横浜DeNA、公式サイトで謎のカウントダウン 「身売り?」「名称変更?」憶測飛び交う
劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の新設定にネット上がツッコミの嵐
ハライチ澤部が人気深夜番組に殴りこみ 「俺の方が100%面白いから代われバカ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP