ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正月太りを防ぎ「冬痩せ」を目指す生活習慣

DATE:
  • ガジェット通信を≫
正月太りを防ぎ「冬痩せ」を目指す生活習慣

実は、冬は痩せやすい季節

お餅は、好きですか?正月の料理といえば、おせちにお雑煮が代表的。1個では物足りないと、お餅を2~3個食べてしまいがちですが、それだけ食べると、ご飯3杯食べたのと同じカロリーになってしまいます。正月だからといって、ここぞとばかりに「食べてゴロゴロ」していては、正月太りから冬太りへまっしぐら。

誘惑の多い正月を何とか乗り切って「冬太り」ではなく「冬痩せ」を目指しませんか?実は、冬は痩せやすい季節。それは、体は寒さを感じると、熱を作り出そうとエネルギーを消費するからです。

日中は気を張って過ごし、規則正しい毎日を

まず、太るときの心理状態を見ていきましょう。「やる気が起きない」「ダラダラしていたい」。そんなときは、口がさみしくなるものです。例えば、「明日はデートだ」と気を張っていると、「今日は食べるものにも気をつけよう」と心にハリが生まれます。「今日は1日、あれしてこれして」と、常に気を張って過ごす1日は、間食をしようという気が起きにくいものです。

日中は気を張って過ごし、夜はしっかりと湯船で温まって良い睡眠を得ましょう。そうすると、寝ている間の消費量が増え、朝の体重の減り具合が変わります。ちなみに、夜のアルコールのとりすぎは、睡眠の質を下げるため要注意。お風呂上がりのオススメの飲み物は、白湯か、ぬるめの水が良いでしょう。血流がさらに良くなります。

そして、次の日が休みだと、つい夜更かししたくなるものですが、寝る時間が遅くなっても、起きる時間を遅くしないようにしましょう。なぜならば、体内時計にあった生活を送らないと、自律神経のバランスが崩れるからです。そうなると、食欲は増してしまいます。

お風呂上がりにストレッチのススメ

冬は寒さで、筋肉がこわばりやすい傾向にあります。お風呂上がりは、最も体が柔らかくなっているので、筋肉を伸ばしやすいでしょう。ヨガマットを引いて行うと滑りにくく、より効果的なストレッチができると思います。

こうすることで、睡眠中の血流が良くなって、栄養や酸素が行きわたりやすくなり、老廃物の出も良くなります。そして同時に体のラインも整ってきます。

脂肪は冷えたところに付く…体を温める食材を積極的に

脂肪は冷えたところにどんどん付いてくるので、体が冷える服装や、体を冷やす食事はご法度。体が冷えると食欲も出てくるので、なおさらです。

飲み物は、白湯、しょうが入りハチミツティー、ハーブティー、黒豆茶などのカフェインのない飲み物です。コーヒーは、ホットといえど体を冷やすため、水分補給としてとっていると痩せにくくなります。

そして、しょうが、ニンニク、ネギなどの体を温める食材を積極的にとりましょう。鍋料理が特にオススメ。大切なことは、不要なものを出せる体になるためにも冷やさないことです。

高カロリーは昼に。食べ過ぎたら夜の食事は抜く

朝昼晩の中で、最もカロリーの高いものを食べるのに適しているのは昼です。朝は、内臓がまだ活発に働いていないため、朝から高カロリーのものを食べると、消化活動に影響を与え、体は「蓄えモード」に変わります。

例えば、どうしてもラーメンを食べたかったら、夜ではなく昼に。そして、ポイントは、昼の食べ過ぎでお腹が空かなかったら、夜は食べなくてかまいません。食べずに、早めにお風呂に入って寝ることです。

昼に食べ過ぎても、夜に食べなければ胃腸が休まります。お腹が空いていないのに、「時間だから」と惰性で食べると太ります。体のサインに応じた食べ方が大切です。もし、小腹が空くなら、野菜の味噌汁かスープを食べると良いでしょう。

食べ過ぎても、調整を上手にする工夫が冬太りを避けるコツ

最後に、ダイエットは、自己管理がとても重要です。毎日体重を測るだけでも、意識は変わります。そして、全身が映る鏡で、後姿もチェックしてみてください。後姿は、けっこう見られているものです。いつもどんな体型で過ごしたいのか自問自答してみましょう。体は、自分の思った通りに変化させることができます。食べ過ぎても、調整を上手にする工夫が冬太りを避けます。

春を楽しみに、この冬、自己管理をテーマに過ごしてみると、ダイエットの他にも得るものが多くあるかもしれません。

(水野 直美/健康アドバイザー)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。