ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬休みの東京おすすめイベント18選(2014年12月27日~2015年1月4日)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

~フェス~

・元旦フェス(1月1日)@豊洲MAGIC BEACH

SHINICHI OSAWAやKEN ISHIIなど豪華アーティストが参加する朝型フェス。書き初めブースや餅つき大会といったお正月イベントも満載で、お正月気分をみんなで味わうことができる。

http://isuta.jp/37227/

~グルメ~

・クラフトビールツアー2014 in 吉祥寺(12月27日、28日)@吉祥寺第一ホテル

個性豊かなクラフトビールを思う存分楽しめるイベント。国内のブルワリー15社から40種類以上ものクラフトビールが提供され、3200円(前売り券)で8種のクラフトビールが楽しめる。グルメも盛りだくさんなので、思いっきり年末気分を楽しんでみては。

http://isuta.jp/38018/

・昭和記念公園 冬限定かき小屋(~3月29日)@立川 昭和記念公園

昨年は1万5000人来場した人気イベントで、産地直送、東北産の真牡蠣を炭火焼きでその場で焼いて食べられる。オープニングキャンペーンとして、12月6日(土)、7日(日)は予約者限定で60分「焼きかき食べ放題」を開催。

http://isuta.jp/34275/

 ~イルミネーション&プロジェクションマッピング~

・東京ミチテラス(~12月28日)@東京駅

100年前の、東京駅開業当時の時代にちなんだ大正ロマンの色彩で宿舎をライトアップするイベント。行幸通りには、大正の大衆文化をイメージした華やかなロマンの道が登場し、ロマンティックな夜を彩る。

http://isuta.jp/38481/

・TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA(~2月28日)@東京タワー

高さ150mの大展望台から見える「夜景」に3Dプロジェクションマッピング映像を投影するという、日本初のライティング・イベント。映像はストーリー仕立てになっており、ロマンティックな夜にぴったりだとか!?

http://isuta.jp/38874/

・丸の内イルミネーション2014(~2月15日)@丸の内仲通り

有楽町と大手町を結ぶ、約1.2kmの丸の内仲通り。その街路樹約240本が、上品に輝く丸の内オリジナルカラー“シャンパンゴールド”色のLED約106万球で上品に光り輝く。

http://www.marunouchi.com/event/detail/2123

・レインボーブリッジ スペシャルライトアップ(~1月4日)@レインボーブリッジ

レインボーブリッジが虹色に輝くスペシャルライトアップ。お台場デートやドライブの際は、ぜひ立ち寄ってみて。

http://www.shutoko.jp/fun/lightup/rainbowbridge/lightup/

・さがみ湖イルミリオン(~4月12日)@さがみ湖リゾート

関東最大のイルミネーションイベント。園内の起状や斜面を活かしたダイナミックなイルミネーションが最大の魅力で、都心では味わえない幻想的な世界が広がる。首都圏から1時間ほどで行けるので、ぜひ足を運んでみて。

http://isuta.jp/33372/

・東京スカイアクアリウム(~1月12日)@東京スカイツリータウン すみだ水族館

東京スカイツリーへのお出かけの際、ぜひ立ち寄ってほしい展示。小笠原諸島の海を再現した、6m×9mの「東京大水槽」に、体重30t、全長15mのザトウクジラがプロジェクションマッピングで再現されるというダイナミックな企画や、全長50mのスロープに、色鮮やかな照明が配された8つのクラゲ水槽を設置した「クラゲ万華鏡トンネル」が開催中だ。

http://isuta.jp/34685/

・森のオーロラ(~12月28日)@ホテル椿山荘東京

ホテルの庭園内にある幽翠池周辺に青や緑のライトアップで、“光のカーテン”を演出するイベント。幻想的な音と光のコラボレーションをお楽しむことができる。また、同イベントとともに、オーロラをイメージしたスイーツも登場する「イヤーエンドブッフェ」にも注目してみてほしい。

http://isuta.jp/34016/

~キュートな動物に癒やされる~

・ウィンターフェスタ(~2月1日)@マザー牧場

来年の干支、「未」(ひつじ)に親しめるイベント。もふもふの体に触れることはもちろん、1月1日(木・祝)〜1月5日(月)には「ひつじの大行進 ひつじ文字編」を開催。ひつじたちが協力して、広大な牧草地に2015年の干支の「未」という文字を描くという、人文字ならぬ“羊文字”が楽しめる。

http://isuta.jp/39456/

・PHYSICAL TEMPO ねこやしき(~1月11日)@原宿 TOKYO CULTUART by BEAMS

他ではなかなか手に入らない、摩訶不思議なねこグッズが揃うイベント。予約不要のワークショップなどもあり、オリジナルの作品を作ることができるので、ねこ好きはチェックしてみて。

http://isuta.jp/38931/

~映画&アート~

・見逃した映画特集 2014(~1月23日)@渋谷 UPLINK

今年見逃したあの映画を、大型スクリーンで観られるチャンス!気鋭若手監督の意欲作から、世界的巨匠の名作まで国内外、メジャー・インディー問わず39本をラインナップ!今週末は、「ジプシー・フラメンコ」「ダブリンの時計職人」などを上映する。

http://www.uplink.co.jp/movie-tag/minogashi2014

・フェルディナント・ホドラー展(~1月12日)@国立西洋美術館

スイスを代表する象徴主義の画家、フェルディナント・ホドラーの大回顧展。彼が描く「生」と「死」、そして人々の身体が織りなす「リズム」の表現に注目してほしい。日本初公開となる《昼III》は、人間の「覚醒」をテーマにした記念碑的な傑作なので、ぜひ足を運んでみてほしい。

©Kanton Bern (Prolith AG, Bern)

http://hodler.jp/

・ティム・バートンの世界(~1月4日)@六本木・森アーツセンターギャラリー

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「アリス・イン・ワンダーランド」などの監督として知られる鬼才、ティム・バートンの作品を集めた展覧会。彼のスケッチに加え、デッサンや写真作品、オブジェや手紙など、貴重資料の数々を一挙大放出。さらに、未公開の映像作品を含む、日本初上陸の作品展示や、日本だけのオリジナルグッズも販売される。

http://isuta.jp/22636/

・大友良英 音楽と美術のあいだ(~2月22日)@NTTインターコミュニケーション・センター

即興音楽から「あまちゃん」のテーマソングまで、幅広い活躍を見せる大友良英の展覧会。美術館やギャラリーなどでの展覧会への参加もしている大友が、「音楽」と「美術」という異なる表現の相違に目を向け、それらの「あいだ」にあるものとはなにかを、複数のインスタレーションとさまざまなイベントによって考えていく。

www.ntticc.or.jp/Exhibition/2014/Between_Music_and_Art/index_j.html

・ミシェル・ゴンドリーの世界一周(~1月4日)@東京都現代美術館

ビョークなどトップアーティストのミュージックビデオや、映画「エターナル・サンシャイン」といった、ファンタスティックな映像美で知られる映画監督、ミシェル・ゴンドリーの世界を体感できる展覧会。2部構成で、第1部「ホームムービー・ファクトリー」は、路地裏、カフェなどのセットを舞台にオリジナル映画作りに挑戦できるワークショップ型体験展示。第2部「Around the World in 19 Videos」は、ゴンドリーの代表的なミュージックビデオ作品19本をフィーチャリングしたインスタレーションとなっている。

http://isuta.jp/22786/

・『本日の浮遊』加速する自由(~1月12日)@日本橋タカシマヤ美術画廊

空中に浮かんでいるような写真作品シリーズで一世を風靡したフォトグラファー、林ナツミ氏の作品展。都市のさまざまな場所でふわりと浮かんでみせる不思議な作風で、見ているうちに開放的な気分になれそう。

http://isuta.jp/39574/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP