ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松本幸四郎が「もうドンペリは飲まない」と憤慨した理由とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「レストランは感動する最高の場でありたい」──こんな合い言葉の下、1984年に東京・銀座でオープンし、高倉健さん(享年83)、ビートたけし(67才)、鈴木京香(46才)ら、芸能界の大物も足繁く通うレストラン『ペリニィヨン』。30年続くこのレストランをこよなく愛しているのが松本幸四郎(72才)だ。

「幸四郎さんは長年通う“超”が付く常連さんで、松本家の節目、節目には必ずこのレストランを利用されています」(幸四郎の知人)

 娘・松たか子(37才)が16才年上のギタリストで夫の佐橋佳幸(53才)を父に紹介したのもこの店。また2014年8月、幸四郎の誕生日もここで祝い、松はその日、待望の第一子の妊娠を報告。幸四郎は「今年はわが家にめでたいことが重なった」と上機嫌だったという。

 そんな一家にとって大切なお店なのだが、その“店名”をめぐって思わぬトラブルが起こっていた。『ペリニィヨン』という店名にイチャモンを付けてきたのが、高級シャンパン『ドン・ペリニヨン』で有名なフランス『モエ・エ・シャンドン社』だった。

「2013年末に『モエ社』から“ペリニィヨンという名前で店を営業するな”といったクレームが入ったそうです。しかし、『ペリニィヨン』側としても30年、この名前で営業しているわけですから、簡単に“はい。わかりました”となるわけはなく、『ペリニィヨン』側はフランスまで直談判に行ったみたいなんです」(同レストラン関係者)

 そんなトラブルを耳にして激怒したのが幸四郎だった。

「幸四郎さんは“もうドンペリは飲まない”なんて憤っていました。そして『ペリニィヨン』側がフランスに行く際に、“日本でいちばん、この店を愛している私の扇子を『モエ社』の社長に渡してくれ!”と託したと聞いています。なぜ扇子かはわからないんですけど…(苦笑)」(前出・レストラン関係者)

 その扇子のお陰か、両社は双方歩み寄りをみせ、なんとか円満解決の運びとなった。

「『ペリニィヨン』は『ドン・ピエール』と店名を変えてリニューアルしました。代わりに『モエ社』側はレストラン側に異例の感謝状を贈ったそうです」(前出・レストラン関係者)

 同店に、今回の件について話を聞いた。

「それは間違いありません。幸四郎さんは私どもと同じように憤り、悲しんでくださったんだと思います。しかし、ウチといたしましても、これからも(モエ社と)良い関係が築ければということで(名称変更を)了承しました」

 名前は変わっても、松や幸四郎が愛する、店のスピリットが変わることはない。

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『GANTZ』脚本家 ジャニーズ×歌舞伎のバディー作品書きたい
松本幸四郎の長女 『相棒』で刑事役の強面俳優を父に紹介
松たか子夫 結婚6年経つも幸四郎に認められず半無視状態

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。