ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平 オフ返上で肉体改造に着手し体重100kgに増量計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ベーブ・ルース以来96年ぶりの偉業となった10勝・10本塁打を達成し、高卒3年目で年俸1億円に達した大谷翔平(日本ハム)の勢いは来季も続きそうだ。大谷はオフ返上で肉体改造に着手。94キロの体重を100キロまで増量し、スタミナと筋肉をつけようとしている。

「2014年シーズンの終盤には明らかに疲れが出ていた。肉体改造するのは160キロを常時出し、打球の飛距離を伸ばすためです」(日本ハム担当記者)

 パ・リーグはともにクライマックスシリーズ(CS)を戦ったソフトバンクが松坂大輔(前メッツ)を獲得したほか、オリックスが中島裕之(前アスレチックス)と小谷野栄一(前日本ハム)を補強した。

 来季は順位争いが激しくなるのは必至で、大谷の存在は日本ハムにとってさらに重要なものとなる。すでにエース兼主軸打者としての自覚が現われている。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日ハム・大谷が大人気 鎌ヶ谷商店街で「大谷盛り」パスタも
日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介
阪神・藤浪 グラウンドの出入りに深々と礼をする真摯な姿勢

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP