ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

だるさやむくみに。朝までグッスリ眠れる「足指ケア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、撮影女子会プロデューサーの中村朝紗子です。
ハンドクリームやネイルなど、お金と時間をかけて手の指先ケアをしている女子は多いはず。でも、長時間靴のなかに閉じこめられて、あなたの体重を支え続けてくれている「足指」のケアとなると、どうでしょうか。十分にできていると胸を張って言えますか?
そこで今回は、ベッドに入る前に行いたい足指ケアについてご紹介します。

足指はあなたの元気スイッチ! 足指ケアの方法

足のむくみやだるさがとれないという人にオススメなのが、寝る前の足指ケアです。やりかたはとっても簡単。

1.はだしになり、保湿クリームを手にたっぷりとる。
2.隣りあう足指を1本ずつ指でつかみ、上下左右に動かしていく(縮こまった足指と足指の間をググッと広げて、ほぐすイメージ)。
3.すべての指をほぐし終えたら、今度は足指を1本ずつ、親指と人差し指で挟み、足の甲と裏の面、足の脇面をそれぞれグリグリとマッサージする。
4.足裏、指先全体に保湿クリームをなじませて、最後に防寒用のふわもこ靴下を履く。
5.そのまま、朝までぐっすり眠る。

1日頑張った自分の足指に「おつかれさま」とねぎらいの気持ちを込めながら行ってください。

このステップでケアしていくと、寝る前は足下がポカポカとあたたまって、ぐっすり眠ることができますよ!
また、翌日起きたときには足指がたっぷり潤い、タイツを履くときもスルリといけるはず。

時間に追われているときこそ、足もとを見つめよう

私が足指ケアを重視するのは、健康面以外にも、その効果があるからです。
私が高校生時代、少林寺拳法部に所属していたときにまず教えられたのが「脚下照顧(きょっかしょうこ)」という言葉でした。
これは「自分の脱いだ靴を揃えなさい」という教えで、根源には「他に向かって理屈を言う前に、まずは自分の足元を見て自分のことをよく反省するべき」という意味が込められています。
忙しさに追われてつい自分を見失いそうになったり、目先のことに流されているとき。静かに丁寧に、自分の足指をケアしてみてください。
足指をもみほぐしていると、不思議と自分のいまの状況と向き合うことができ、心の落ち着きを取り戻すことができます。
多忙な師走。ちょっぴりお疲れモードな人に、ぜひ試してみてほしい足指ケアのメソッドです。みなさま、今年もあと少し。どうぞ幸せな年末年始をお過ごしください。
Alarm clock image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
店員さんにうんざり…買い物中に自分のペースを守る方法
【グリッティ白書】趣味時間が女に磨きをかける? イマドキのキラキラ女子がやってること
心理学から見る「出世しない男性」の休日の過ごしかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP