ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

開催間近! エレクトロニック・ミュージックのディープなる祝祭、FUTURE TERRORの14周年

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DJ NOBUによるパーティ〈FUTURE TERROR〉の14周年パーティが、年の瀬、12月28日(日)に代官山UNITにて開催される。今回も海外のディープなエレクトロニック・ミュージックの最前衛アーティストたちとともに、DJ NOBUが選りすぐりの日本人DJたちが出演する。

今回、海外からDJ NOBUが呼び寄せるのは2アーティスト。まずライヴ・アクトにTM404。スウェーデン人プロデューサー、Mokira名義などで活躍するAndreas Tillianderによるプロジェクト。こちらは、ご覧の通り、そのプロジェクト名、昨年リリースされた同名のアルバムもローランドの名機たちへの偏愛そのままをプレゼンしている(なにせ、曲タイトルは使用機材と思われる「303/303/303/303/606」、「303/303/303/303/808」)といったものだ)。サウンドも、もちろんそうしたどディープなエレクトロニクス〜ロウ・ハウスを奏るアーティストだ。彼はライヴでの出演となるため、そのアナログな電子音の世界観がライヴで再現されるのかが見所ではないだろうか。もうひとりはイタリア人アーティスト、Lucy。〈Stroboscopic Artefacts〉を主宰し、ドープな漆黒のミニマル・テクノをリリースし続けているアーティストだ。どちらにしても、単なる集客のためのネーム・ヴァリューなどでは選んでいない、おそらく主宰の彼が、本当に聴きたい、そして体感してもらいたいと切に思う2アーティストと言えるだろう。
またDJ NOBU、そしてDJ HARUKA、KURUSUといったFUTURE TERROR勢をはじめ、今年すばらしいアルバムをリリースしたENAや、先ごろ、ドイツのベテラン、PORTER RICKSのリミックスを伴うシングルをリリースしたばかりのRYO MURAKAMIなど、国内勢もこれまたエレクトロニック・ダンス・ミュージック〜電子音楽のまさにカッティング・エッジを示すようなアーティストたちが勢ぞろいしている。

2014年の最後を飾るエレクトロニック・ミュージックのディープ・サイドを刺激的にプレゼンする、この宴を見逃すな。
(河村)

・FUTURE TERROR公式ページ
http://www.futureterror.net/news/future_terror/future_terror_13th_anniversary_at_unit.html

Future Terror 13th Anniversary
2014年12月28日(日)
代官山UNIT/SALOON/UNICE
UNIT :
DJ : Lucy、DJ Nobu、Haruka
Live : TM404 a.k.a. Andreas Tilliander
UNICE :
Live : Ryo Murakami (Depth of Decay)
DJ : ENA、Chris SSG、Haruka
SALOON
DJ : Kurusu、KURI、ATSUSHI MAEDA、DNT、OCCA

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP