ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版YouTubeアプリで動画をアップロードする際にトリミングすることが可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YouTube の公式 Android アプリに動画をアップロードする前に長さを調節できるトリミング機能が追加されました。従来の YouTube アプリに動画の編集機能は何もなく、動画は単にアップロードするだけでしたが、Nexus 6 で v6.0.13 を利用して動画をアップロードしようとしたところ、添付の画像のようにトリミング画面が表示されました。トリミング処理は動画の長さを短くしたり、前後の不要な部分をカットしたり、一部分だけを切り抜きたい場合に役立ちます。他の機種のアプリを確認してみましたが、トリミング処理が行えるのは Nexus 6 だけでした。サーバ側で機能の有効・無効を切り替えているのでしょうか。とりあえず、今の段階では全ユーザーには提供されていないものと思われます。


(juggly.cn)記事関連リンク
Tizenスマートフォン「Samsung Z1」の実物&スペックシートの写真が流出
LTEに対応したAcer Liquid Z410がGCFの認証を取得
HTC REカメラのタイムラプス撮影機能でいろんなシーンを定点観測

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP