ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロ主演の青春映画『幕が上がる』ポスタービジュアル公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年2月28日より全国公開となる、ももいろクローバーZ主演×本広克行監督×平田オリザ原作の映画『幕が上がる』。そのポスタービジュアルが公開となった。

全国大会を目指す弱小演劇部の奮闘を描く本作。ポスターの写真を選ぶにあたり、彼女たちの挑戦の姿や青春の一コマを最も感じられる1枚はどれか、プロデューサー陣や宣伝部総出で約3000点の場面スチールを徹底的に厳選。そして最終的に残された1枚の横顔を大胆に配したポスターとなった。

この横顔は、演劇部の部長である高橋さおり(百田夏菜子)が、日々の稽古や大会で勝負する演目の内容、そして演出・脚本担当としても演劇部を引っ張っていかなければならない自己との葛藤に悩みながらも、突破口を見出そうとひた走るシーンの一瞬を写真に収めたもの。

本編での高橋さおりの「私たちは、舞台の上でならどこまでも行ける」という、若者たちの無限の可能性を感じる台詞をキャッチコピーに使用、さらに、様々な想いを込めて本作を企画し、文字通り人生をかけて挑んだ本広監督に関するサブコピー「『踊る大捜査線』シリーズの本広監督が、人生をかけて描く青春映画」も配している。

『幕が上がる』プロデューサー 片山怜子氏コメント
映画がようやく完成しました。ももクロのファンの皆さんにも、そうでない人でも、お子様から大人まで、世代年代を問わず幅広い方々に共感し感動してもらえる青春映画を目指し、本広監督はじめ皆で作ってきました。ポスターも同じように、その二度とない瞬間の一コマに”普遍的な青春像”を感じられるものを目指しました。

公演情報
映画『幕が上がる』
2015年2月28日新宿バルト9他にて全国ロードショー
原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社文庫刊)
監督:本広克行(『踊る大捜査線』シリーズ)
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏/ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎、黒木華
製作:フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講談社 パルコ
配給:ティ・ジョイ/配給協力:東映
©2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

舞台版「幕が上がる」
2015年5月公演予定
原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社文庫刊)
脚本:平田オリザ
演出:本広克行(『踊る大捜査線』シリーズ)
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏ほか

関連リンク

ももいろクローバーZ オフィシャルサイトhttp://www.momoclo.net/
キングレコード公式ももいろクローバーZ twitterhttps://twitter.com/momoclo_king_pr
MOMOIRO CLOVER Z GLOBAL SITEhttp://www.evilline.com/momoclo/global/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP