ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

でんこちゃん復帰の理由 「彼女に頼るしかない」と東電広報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 懐かしのヒロインが2年ぶりに帰ってきた。東京電力のマスコットキャラクター「でんこちゃん」が、最近になって再び同社のHPに登場。ファンの間で話題となっている。

 でんこちゃんは震災翌年の2012年3月末、東電から“リストラ”された。本誌はその第一報を報じ(2012年3月9日号)、理由が「コスト削減」(同社広報部)であることや、生みの親である漫画家・内田春菊氏の悲しみの声を取り上げた。

 でんこちゃんは1988年、東電のパンフレットに初登場。その後はテレビCMにも進出し、省エネや安全マナーの“啓発担当社員”として活躍した。その人気は高く、グッズ専門店「でんこちゃんショップ」が作られるほどの“東電の顔”であり、勤続25年を誇っていた。ちなみに見た目は幼いが人妻である。

 今回、約2年の沈黙を経て、「でんきの省エネ術」という省エネ啓発ページに遠慮気味な大きさで再登場。微量の電力を消費するエアコンのプラグを抜くことなど、節電の知恵を身振り手振りで教えている。

 往年の存在感は健在で、「電気と仲良くね」というお得意のフレーズとともにウィンクする姿は、2年が経過したとは思えぬ若々しさだ。復帰の理由を、東電広報部はこう説明する。

「今年8月末頃から、HPに復帰していました。でんこちゃんが不在の間に、その好感度の高さを再認識し、コミュニケーションツールとして彼女に頼るしかないと判断したからです」

 気になる契約金額については、「個人の契約に関することなのでお答えできません」(東電・広報部)というが、かつて内田氏は本誌取材に「タレントさんの起用よりははるかにリーズナブルと聞いています」と説明していたので、今回も恐らく同水準になったとみられている。

 当時、内田氏はこんな思いを語っていた。

「寂しい。もし、でんこが必要ならタダでも描くと(東電に)メールしました」

 多忙のため、内田氏から“再雇用”の喜びの声を聞くことはできなかった。いまだ難問山積の東電に明るい材料となるか。

※週刊ポスト2014年10月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東電のキャラ「でんこちゃん」経費削減のため3月でリストラ
「でんこちゃん」リストラ 作者・内田春菊氏は知らなかった
国籍捨てたい安藤美姫 南里から慰謝料1500万円請求される

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。