体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC REカメラのタイムラプス撮影機能でいろんなシーンを定点観測

HTC の防水アクションカメラ「HTC RE」では、一定間隔で撮影した静止画をつなげて 1 本の動画にするタイムラプス撮影を行うことができます。HTC RE はマウンタによって様々な場所に設置できることから、スマートフォンよりもタイムラプス撮影が利用しやすくてお勧めです。タイムラプス撮影は、定点観測や監視カメラといった用途でよく利用されています。例えば、空模様の移り変わりや単純な防犯カメラとしての撮影。また、動物のケージなどに取り付け、人がいない場合の生態を確認することや、ベッド付近に HTC RE を設置して自分の寝相を確認すること(実際にこれをしている人もいます)も行えます。タイムラプス撮影は HTC RE アプリで行います。HTC RE のボタンではできません。アプリのファインダー画面を表示すると 3 つの撮影方法を選ぶことができますが、右端のタブがタイムラプス撮影用です。

HTC RE のタイムラプス撮影を行う前にパラメータを調節します。画面左下の時計アイコンをタップし、撮影間隔(秒 / 分 / 時間)、撮影時間(秒 / 分 / 時間)、フレームレート(30fps / 10fps)を決めます。すると「ビデオは」の欄に秒数が表示されます。この秒数は上記パラメータに基づく完成動画の長さです。決まったら「OK」をタップして前の画面に戻り、アプリのボタンを押して撮影を開始します。

あとはHTC REを放置しておきます。風景画ですが、サンプル動画です。5 分間隔で 5 時間撮影(30fps)30 秒間隔で 1 時間撮影(10fps)。


(juggly.cn)記事関連リンク
Ascend P8とされるHuaweiスマートフォンの写真が流出
MMD研究所、2014年のスマートフォンゲーム利用実態を公表。毎日ゲームをしている人の割合は女性が男性を上回る、ゲームに費やす費用は約6割が1,000円以下
Androidのブートアニメ配布サイト「Bhoot」がローンチ、検索やダウンロードはもちろん、インストールまでやってくれる

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。