ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

V8エンジン搭載のダイハツ・シャレードが超絶ドリフトがキメまくってスゴすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前も日本のハイエースの魔改造を紹介したオーストラリアのドラッグレースの映像ですが、今度はダイハツ・シャレードにとんでもないV8エンジンを搭載したバージョンが公開されました。

シャレードといえば若干地味な印象もありますが、かつてはWRCラリーに参戦して「リトルジャイアントキラー」の異名で愛された由緒なるマシン。今回改造されているのは、2000年に生産中止となっている4代目シャレード。旧モデルのOEM版が中国や台湾で生産されていたようなのでそちらのヴァージョンかもしれませんが、すさまじいドリフトをかましています。

90年代の日本のスモール・カーが海外で活躍している映像を見ると楽しくなりますね。

【動画】http://youtu.be/voil2hWvsVk

【動画】http://youtu.be/MLCHHpSnIio(1990年サファリラリーの映像)

 

関連記事リンク(外部サイト)

これはヤバい!女性が「器の小さい男」と感じる男性の特徴10項目
安田大サーカス・クロちゃんのドッキリがネット上で話題 「ドン引きwww」「出禁レベル」
横浜DeNA、公式サイトで謎のカウントダウン 「身売り?」「名称変更?」憶測飛び交う
劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の新設定にネット上がツッコミの嵐
ハライチ澤部が人気深夜番組に殴りこみ 「俺の方が100%面白いから代われバカ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP