体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『BLOOD-C』舞台化決定!TVアニメと劇場版の間を書いた完全新作

2011年TVアニメ化、2012年には劇場版も公開された『BLOOD-C』の舞台化が決定した。
公演は2015年7月2日~5日、世田谷パブリックシアターで行われる。

【関連:舞台に関するその他の記事→劇団颯のまさき座長に『千本桜』(歌:小林幸子)で舞っていただいた】

『BLOOD-C』舞台化決定

演出は舞台『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』の演出も手がけ、映画監督でもある奥秀太郎氏。
脚本は『BLOOD』シリーズの第1作から携わり『BLOOD-C』の脚本を手がけた藤咲淳一氏が担当する。

本作は、TVアニメシリーズと劇場版の間に存在する時間を、この舞台のために書き下ろした完全新作ストーリー。

出演者の発表、チケット情報など詳細は今後公式サイトなどで順次発表される。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。