ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

良いことありそう!? 初日の出に「ダイヤモンド富士」が拝めるスポットとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダイヤモンド富士とは、太陽が富士山頂付近から昇る、あるいは沈む瞬間に富士山頂とぴったり重なり、太陽の光がまるでダイヤモンドのような輝きを見せる自然の光景のこと。その神秘的な美しさは、観る人を圧倒するほどだ。

山梨県富士河口湖町にある「富士本栖湖リゾート」では、このダイヤモンド富士の鑑賞営業(午前7時~9時・入園料 大人1000円/小人500円)を、12月27日~来年1月12日まで実施する。

空気が澄みきったこの時期は、富士山鑑賞に最適であるうえ、周囲に建物などがなく、視界を遮るもののない富士本栖湖リゾートの敷地内からは、雄大な富士山の姿が裾野まではっきりと見ることができる。

雪化粧した富士山から太陽が昇る美しい光景は、まさに「自然の芸術」。また風のない日には、園内の竜神池に映る姿と併せて「ダブルダイヤモンド富士」が見られるとのこと。

さらに富士本栖湖リゾートでは、実際の観測結果をもとに、日ごとの日の出時刻と、太陽がどの位置から昇るかが一目でわかる「ダイヤモンド富士鑑賞 日の出時刻早見表」を作成。ダイヤモンド富士鑑賞にはもちろん、カメラマンにとっては撮影の際に、大いに参考になるだろう。

元旦も営業しているとのことなので、2015年は、ダイヤモンド富士の“初日の出”を拝みつつスタートしてはいかがだろうか。詳しくはこちら(http://fujiyamastyle.com/news/2014/12/000402.html)でチェック!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP