ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

研究者「女性差別が横行している! と指摘するほど女性差別は拡大する」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男女格差がよくないのは当たり前の話。とはいえ、近ごろ出た論文(英文)によれば、シンプルに「女性差別が横行している!」と叫ぶだけでは効果がないどころか、逆に差別意識がデカくなっちゃうらしい。

・女性は仕事に向いてないと答える確率UP
これはセントルイス大学の研究で、被験者を2つのグループにわけて、一方には「女性差別は珍しい現象です」と伝えて、もう一方には「女性差別は一般的な現象です」と伝えたんですね。

その後、全員に女性への認識をたずねたところ、「差別は一般的だ」と言われたグループは、女性は仕事に向いてないと答える確率が上がったそうな。

・経営者を対象にした実験
また、この論文では、経営者を対象にした実験も行われたんですが、やっぱり結果はおんなじ。「差別は一般的だ」と言われた経営者は、その後のアンケートで女性は採用したくないと答える確率が28%もアップしたらしい。

・無意識のうちに大勢に従っちゃう傾向
こういった現象が起きるのは、人間には無意識のうちに大勢に従っちゃう傾向があるから。つまり、

「女性差別は一般的な現象だと知らされる」
「無意識に「女性差別は社会的に認められた現象だ」と変換される」
「女性差別は気にしなくてもいいという気分になる」
「女性差別が悪化する!」

って心理が働くみたい。

・思わず大勢につきたくなっちゃう心理
なかなか難儀な話ですが、同論文にはちゃんと解決策も示されております。「女性差別は一般的な現象です」と伝えたあとで、「しかし、多くの人はその偏見を克服しようと頑張っています」と付け加えたところ、女性を採用したいと答える人の確率が28%アップしたというんですな。思わず大勢につきたくなっちゃう心理を利用したわけですね。

・いろんな面で応用が効きそうなテク
ちなみに、過去にも似たような話(英文)がありまして、学生の飲酒を減らすには、たんに「飲酒の事故が増えてます!」と注意するよりも、 「優秀な学生ほど酒を飲んでいない」と教えたほうが成功率は高かったとか。これは、いろんな面で応用が効きそうなテクニックですねぇ。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP