ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国を超えて見事にコラボ!ぜひとも手に入れたい、シュタイフ社の「ひな人形テディベア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女の子がいるご家庭ならずとも、テディベアファンにはたまらない、なんとも愛くるしい「ひな人形テディベア」(5万1000円・男雛/25㎝ 女雛/17.5㎝)が誕生した。

このひな人形をつくったのは、1880年にドイツで誕生したテディベアのトップブランド「シュタイフ社」。世界で初めてテディベアを製作した会社で、ドイツの職人の手作業で一体ごと丁寧に作られた伝統の逸品は、文化的価値や芸術性において、世界中で高い評価を得ている。

世界的にも有名なこのぬいぐるみブランドを創業したのは、1847年南ドイツ・キンゲンという小さな街で生まれたマルガレーテ・シュタイフという女性。1歳の時、小児麻痺で右手と両足が不自由になり、一生を車椅子で過ごすことになってしまうが、裁縫をマスターし、女性や子ども服の販売に着手。のちに世界で最初のテディベアとよばれる「55PB」という手と首が動く上品なぬいぐるみを誕生させる。

シュタイフ社製のテディベアのトレードマークは、「ボタン・イン・イヤー」と呼ばれる左耳についているボタンで、これが最高級の品質の証。また限定品にはシリアルナンバーが刻まれた証明書が付いており、今回1500体限定で販売される「ひな人形テディベア」にも、もちろんシリアルナンバー入り証明書が付いてくる。

歴史と伝統に支えられた丁寧な手仕事、人形に込める愛情など、テディベアとひな人形には、実は共通点がいっぱい。「親が子を思う美しい心」が国を超えてコラボした特別なひな人形は、家族の大切な宝物になること間違いなし。こんな愛らしい姿を愛でながら、今年は桃の節句を楽しんでみたい。

詳しくは、シュタイフ公式サイト(http://www.steiff.co.jp)へ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP