ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これはカッコイイ!自動バランスで誰でも乗れる電動一輪車

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北京を拠点とするロボットエンジニアリング会社「Ninebot(ナインボット)」から、一輪スクーター「Ninebot One(ナインボット・ワン)」が発売され、話題を呼んでいる。

このNinebot Oneは、自動制御機能でバランスを取るので、階段を下りたり、段差をジャンプするのもお手のもの。

SF映画の世界から飛び出してきたかのような近未来的なフォルムが特徴で、表面をカスタマイズすることもできる。

機能的には、1〜2時間の充電で約30km走ることができ、時速は10〜12.5mile(約16〜20km)。

スマートフォンのアプリと連動すれば、走行距離や時間、スピードなどを表示できるほか、リモートコントロールでモーターのオン/オフやロックをかけたりすることも可能で、もはや一輪車の域ははるかに超えている。

日本からはAmazonで入手可能で、価格は757.05ドル(約9万1300円、送料別)。

まさに次世代のスクーターと言えそうなNinebot One。

自転車ほど収納に場所を取らず、手軽に行動範囲を広げられそうだ。

Vimeo
http://vimeo.com/113922273
Ninebot
http://www.ninebot.com
Amazon
http://www.amazon.com/One-wheel-Self-balancing-Unicycle-Shipping-Christmas/dp/B00Q2AW1MC

スクーター(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP