ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水中カメラでアクアスケープを撮りきった美しすぎるCMが話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

単に水草をレイアウトするだけでなく、自然を生かしながら、誰も見たことのない世界を描くアクアスケープ。今世界中で静かなブームを呼んでいるこのアクアスケープを美しい映像に仕上げてしまったCM動画が話題となっている。

「これまでにない発想で、これからの暮らしを。」というキャッチコピーと共に作られたこのCM。水中カメラを駆使し水中での撮影が行われているが、実はアクアスケープと水中カメラを組み合わせた手法はこれまでにないもの。アクアスケープのレイアウトには、世界水草レイアウトコンテストの金賞・銅賞受賞者で水景クリエイターである深田崇敬氏ら4名。その圧倒的なクオリティは必見だ。

【動画】http://youtu.be/uH9QTKqfoRY

撮影時、横に広く、奥行きがない水槽の特性上、カメラの動きが制限される中で、いかに水槽の美しさを伝えるかという点に苦労したそう。また、カメラに驚き、水草や岩陰に隠れてしまう魚が安心して泳ぎ出すまで、長時間待機することもあったそうだ。

この動画を制作したのが、福岡にあるマンション「エンクレスト」を提供する株式会社えんというのも興味深い。アクアスケープの世界のように、誰も見た事のないような、新しい都市生活の舞台と価値ある未来を提案していこうという思いが込められているという。

■参照リンク
「これまでにない発想で、これからの暮らしを。」
http://www.en-jp.net/aquascape/

関連記事リンク(外部サイト)

安田大サーカス・クロちゃんのドッキリがネット上で話題 「ドン引きwww」「出禁レベル」
横浜DeNA、公式サイトで謎のカウントダウン 「身売り?」「名称変更?」憶測飛び交う
劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の新設定にネット上がツッコミの嵐
テレ東「名曲ベストヒット歌謡」にツッコミの嵐 「スリリング」「放送事故かよw」
「金生恩暗殺」映画を巡り北朝鮮ハッカー集団がFBIを2ちゃん風アスキーアートで挑発!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP