ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【怖い動画】人間のようで人間でない不気味な生物の骨が発見される 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ちょっと恐ろしいニュースが飛び込んできました。ロンドンの工事現場でなんとも奇妙な骨が発掘され、話題となっているのです。

一見、人骨に見えるその骨は全身の大きさが“2メートル超”。人間よりも“約2倍の大きさの手足”を持っており、“人間とは異なる未発見の生物”のものと判断されました。また、頭蓋骨もいびつな形状をしており、乱雑に生えた尖った歯が見るものをゾッとさせます。

検死分析の結果、この生物が生存していたのは1880年前後のビクトリア朝時代と判断されています。130年も前の時代に、まだ我々が知らない一体どんな生物が生きていたのでしょうか……こわい。

イギリスのBCO NEWSがこのニュースを報じており、動画でその映像をご覧になることができます。




動画:BCO NEWS 謎の生物の骨(YouTube)
http://youtu.be/8wdOx1yjx1Y

謎の生物の手と人間の手との比較映像を見ると、その大きさに驚きますね……。

そして、ニュースの最後の映像は……ん? もしかして、この骨の生物? 口元を血で汚しながら、不気味に何かに喰らいついています。

実はこのニュース動画、2015年2月20日発売のPS4ソフト『The Order: 1886』のプロモーションのために制作されたフェイクニュースらしいのです。……本気で信じちゃった。良かった、2メートル超の未知の化け物はいなかったんだね!

『The Order: 1886』は19世紀ビクトリア朝時代の“もう一つ”のロンドンを舞台に、“半獣”と呼ばれる異形の敵と戦いを繰り広げる騎士団の物語。『PlayStation 4』ならではのグラフィックで19世紀ロンドンの空気感を再現し、当時の科学技術でなら作れていたであろう武器を用いたアクションで、徹底的にリアルさを追求。これまでのゲームにない新鮮な設定や映像で魅せる野心作となっているようです。

ちなみにこの動画、かなり精巧に作られていますが、レポーターは実際にアルジャジーラで活躍しているキャスターのベル・ラプトンさん本人を起用。さらに、あまりにもリアルな骨のデザインを担当したのは世界中に熱狂的なファンを持つ造形作家・竹谷隆之さん。プロモーション動画でこの気合の入れようですから、ゲームにも相当気合が入ってるんだろうな……。

ゲームの発売は少し先ですが、公式サイトでトレーラー・メイキング映像などが公開されています。“半獣”の恐さへのこだわりも語られているので、ぜひご覧あれ!

『The Order: 1886』(オーダー1886)
公式サイト:
http://www.jp.playstation.com/scej/title/theorder1886/
発売日:2015/02/20
価格:
・通常版 Blu-Ray Disc™版:5900円+税
・通常版 ダウンロード版:4900円+税
・限定版 The Order: 1886 ジャパンプレミアムエディション:1万2000円+税
発売元:Sony Computer Entertainment
開発元:Ready at Dawn Studios LLC

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP