ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO、2015年のスマートフォン出荷台数で今年の倍なる5,000万台を見込む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の端末メーカー OPPO のスマートフォン出荷台数について、今年は 2,500 万台 ~ 3,000 万台のところ、来年は 5,000 万台とほぼ倍に増加すると見込まれていると台湾メディアの DegiTimes が報じました。OPPO は AV 機器の中国メーカーで、その携帯部門が主に中国でスマートフォンを販売しており、一昨年あたりからはインドネシアやマレーシア、インドなどのアジア圏でもスマートフォンを販売しています。OPPO は Xiaomi のような低価格スマートフォンばかりではなく、Meizu に似てデザインやスペック、機能に重きを置き、比較的高価な機種を主力としています。5,000 万画素の超解像度撮影ができる「OPPO Find 7/ 7a」や回転式カメラを搭載した「OPPO N3」、数日だけ世界最薄だった厚さ 4.85mm スマートフォン「OPPO R5」が今年話題になっていました。5,000 万台というと、IDC の 2013 年スマートフォン世界出荷台数シェアをベースにすると、Samsung、Apple に次いで 3 位にランクインします。もちろん、2013 年は圏外なので大幅にランクアップすることになりますが、2015 年は Xiaomi が OPPO の上を行きそうなので、OPPO は最高でも 4 位止まりかと予想されます(5,000 万台なら)。Source : DigiTimes


(juggly.cn)記事関連リンク
国内版ドルフィンブラウザーがv11.3.4JPにアップデート、Android 5.0(Lollipop)端末におけるFlash Playerの利用をサポート
福笑いやおみくじで楽しめるAndroidアプリ「お正月アプリ 2015」がリリース、お年玉相場表も収録
プラスワンマーケティング、新型スマートフォン「freetel priori2」とスペシャルパッケージ版「freetel prior2 SP」を12月27日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP