体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペットの健康と長生きを応援するアプリ「ペットの家」が登場 「あうて ペットの保険」や「あんしんGPS」と連携してトータルでペットを守る

大切な家族であるペットの毎日をアプリで記録

いま日本全国で犬を飼っている世帯は約863万世帯※1、猫は屋外で飼われている猫を除いて約554万世帯※1もある。合わせて約2,000万頭(匹)※1もの犬や猫たちが、家族同様に大切に育てられている。何度目かのペットブームの中、au損害保険から、ペットの健康をサポートするスマートフォンアプリ「ペットの家」(12月3日から無料※2で提供開始になった(Android、iOS対応)。このアプリは、同社が今年4月に販売開始した「あうて ペットの保険」をご契約された方に便利な機能を搭載し、「あんしんGPS」と連動させることができる。※3

ペットの健康と長生きを応援するアプリ「ペットの家」が登場 「あうて ペットの保険」や「あんしんGPS」と連携してトータルでペットを守る

スマートフォンアプリ「ペットの家」

「ペットの家」は、まずは愛犬、愛猫の「プロフィール」として、写真や生年月日、血液型、品種、ICチップの情報などの基本情報をまとめて管理できるアプリである。

メインとなる機能が、「ペットの日常記録・健康情報の保存」。毎日の食事内容やペットグッズ、ペットフード・おやつなどの購入、トリミング、病院への入通院記録などを時系列で記入することができる。今後の予定も入れられるので、トリミングや検診の日程の備忘録としても使えるだろう。複数の愛犬・愛猫を登録できるので、多頭飼いしている家にも対応できる。

記録はタイムラインで表示され、ジャンルごと、ペットごとに表示することもできる。日々の記録を付けることで過去に何があったかをさかのぼることができるので、例えば、体調が悪くなったときには、以前に同じような症状になったことがあれば、記録を見返して、原因や対処法を確認して適切な処置をすぐに取ることができる。「『あうて ペットの保険』が、病気やケガになったときへの備えだとすると、『ペットの家』は、愛犬・愛猫の健康管理・未病対策を担っています。」と、au損害保険 営業企画部の今井康智は説明する。

高額になりがちな入院・手術に備える「あうて ペットの保険」

ペットの健康と長生きを応援するアプリ「ペットの家」が登場 「あうて ペットの保険」や「あんしんGPS」と連携してトータルでペットを守る

「あうて ペットの保険」「ペットの家」を担当するau損害保険の(左から)齊藤美千代と今井康智、「あんしんGPS」を開発したKDDIの西田和広

「ペットの家」は、記録機能だけでも十分に便利に利用できるが、au損保の「あうて ペットの保険」に加入していれば、いつでも契約内容を照会でき、動物病院に行く前にさっと保険の加入状況を確認するなど、緊急のときにも慌てずにすむ。

ペットには人間のような公的な健康保険がないので、病院でかかる費用は全額自己負担が基本。例えば、トイプードルが骨折により手術して2週間入院すれば20万円以上、猫が腎不全で4日間入院すれば10万円程度の治療費がかかることもある。そんなに治療費が高額になるにもかかわらず、ペット保険に加入している方は少ないと言われている。

ペットの健康と長生きを応援するアプリ「ペットの家」が登場 「あうて ペットの保険」や「あんしんGPS」と連携してトータルでペットを守る

大切な家族のための保険「あうて ペットの保険」トイプードルなど主に小型犬なら月々1,020円~、猫なら月々990円~。また付帯サービスとして、獣医師があなたの愛犬・愛猫のお悩みを24時間・365日電話でサポートする「かかりつけ獣医師ダイヤル」が無料※5で利用できる。

「あうて ペットの保険」は、高額になりがちな入院や手術(日帰り手術を含む)にフォーカスした保険で、猫なら月々990円(猫2歳、コース50の場合)から、トイプードルなど主に小型犬で月々1,020円(主に小型犬/犬A 2歳、コース50の場合)からというリーズナブルな保険料を実現した保険だ。万が一、入院や手術を受けることになれば、治療費の50%あるいは70%を補償※4してくれる。「いざというときのための『お守り』のような存在」(今井)だ。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。