ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【クリスマス】フォルクスワーゲンが280キロのチョコ&ビスケットでケーキカーを製作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今日、12月25日は世界各国でクリスマスに関するイベントなどが多数開催されているが、そうした中、ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲンが、自社の車を模した実寸大のケーキカーを作り 、話題となっている。

これは小児がんで苦しむ子供たちのために、同社がチャリティー企画として考案・実行したもので、チョコレートや280キロものビスケット生地を惜しげもなく使い、完成させたという。その後、このケーキカーの販売により、売上金1975ポンドが寄付されたという。

製作にあたっては、実車の図面をモチーフに、普段は組み立て作業に従事しているという「プロ」の手によって贈りだされたこの車。闘病生活を送る子供たちにとっては、まさに大きなクリスマスプレゼントになったことは言うまでもない。

文・島田克彦

【参照リンク】
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/sweet-ride-feast-eyes-vw-4852556 

関連記事リンク(外部サイト)

英自動車メーカー「ジャガー」がSFレベルのスゴすぎるフロントガラスを開発中
働く男のスクリーモVol.2 「本当にあった!誰もしたことのないマネージャー仕事」
世界中で大人気、須藤元気率いるWORLD ORDER 強力なチームワークの理由とは?
社内人気アップ決定 コンビニでコンプリートできる「X’masの残業中に喜ばれる差入れ」5選
映画『妖怪ウォッチ』がコラボしすぎと話題 来年はニャーKBで握手券つき妖怪メダル?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP