体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「DANGER fes 2014 – Christmas Party -」にユナイト・カメレオ・DIVの3バンドが集結

「DANGER fes 2014 – Christmas Party -」にユナイト・カメレオ・DIVの3バンドが集結

12月22日、ユナイト、カメレオ、DIVの3組が、神奈川・川崎CLUB CITTA’にて「DANGER fes 2014 – Christmas Party -」を開催した。

今年はそれぞれが渋谷公会堂、Zepp DiverCity、EX THEATER ROPPONGIにて大規模なワンマンライヴを行うなど、めざましい成長を遂げている若手バンド、ユナイト、カメレオ、DIV。ヴィジュアルシーンの中でも際立った存在感を放っているこの3組は、「デンジャー・クルー」という同じ事務所に所属していながらも、これまで一堂に会することのなかった3組でもあった。そんな彼らが初めて集結するということで、早くから注目を集めていたイベントが、この「DANGER fes 2014」である。

開催が決定した時点では、「DANGER fes 2014 – Christmas Battle -」というタイトルで、3組がしのぎを削る熱いバトルを繰り広げる予定だったものの、親交を深めて行くことで「バトルではなく、一丸となってイベントを作り上げていきたい」「皆が笑顔で楽しめるイベントにしたい」という想いから、「DANGER fes 2014 – Christmas Party -」にタイトルを変更。ライヴ当日は、イベントのドレスコードである“クリスマスっぽい格好(ワンポイント可)”を身にまとったオーディエンス達と、盛大なパーティーを繰り広げた。

また、チケットがソールドアウトしたこともあり、このイベントの模様はUstreamとニコニコ生放送にて全世界に向けて中継され、ニコ生ではタイムシフトを含め4万8800人を超えるユーザーが視聴。その数字からも、この3組と今回のイベントへの注目度の高さが伺える。

イベントのトップバッターとして登場したのはDIV。幕が開くとメンバーが既にスタンバイ。大歓声が巻き起こる中、来年リリースされる2ndアルバム「SECRET」に収録される「STORY」で、ライヴをスタートさせた。ゆっくりと回るミラーボールや、ステージに飾られたクリスマスツリー、聖夜仕様にデコレーションされたsatoshiのドラムセットが、センチメンタルなバラードに華を添える。そして、会場全体を包み込んだロマンティックな空気を切り裂くように将吾がギターを奏で、「Point of view」へ。続く「DEATH GAME」ではフロアにウォール・オブ・デスを発生させ、再び新曲である「SECRET NIGHT」を投下。ダーティーなヘヴィチューンの連発で、フロアのテンションを瞬く間に高めて行った。

この日のイベントでは、出演バンドがお互いの楽曲をカヴァーすることを事前に告知していたが、DIVはカメレオの「ニート姫」をチョイス。ちょび(Ba.)の「俺をニートにしてくれ!」という叫び声からなだれ込んだこの曲では、途中でフロアにポテトチップスをバラまくという本家・カメレオがしている演出をしっかりと再現。「俺のポテチが食べたいか?」とCHISA(Vo.)が客席を煽り、楽しそうにポテチをフロアへ投げ込んでいた。

1組目から凄まじい熱狂に包まれたフロアを、更に盛り上げるべく行なわれたのは、くじ引きによって決定した各バンドのヴォーカリスト軸にしたスペシャルセッション。事前に告知されていたこのコーナーは、出演バンドのライヴアクトの間に挟む形で行なわれた。

セッションバンドの1組目は、カメレオのヴォーカルHIKARU.を中心に、ユナイトからは椎名未緒(Gt.)とハク(Ba.)、DIVから将吾とsatoshiが参加。5人でL’Arc〜en〜Cielの「winter fall」のカヴァーを披露した。大先輩の曲ということもあり、緊張していたメンバーも多かったが、真摯な演奏に客席からは大きな拍手が送られていた。

2番手として登場したユナイトは、1曲目の「small world order」からハイテンションで駆け抜けて行く。畳み掛けるように届けられた「イオ」では、「もっとはっちゃけて行こうぜ!」と、結(Vo.)がフロアを激しく煽り、椎名未緒は大きくステップを踏みながらギターをかき鳴らす。ハクはフロアを見渡しながらクールにプレイし、今年8月にの渋谷公会堂公演から加入したドラムの莎奈は、頭上で何度もスティックを華麗に回しながらパワフルなドラミングを繰り出していた。「やっとレーベルメイトとひとつのイベントを作れる貴重な機会なので、みんなと楽しみつつ、最後まで盛り上げて行きたい」という結のMCを交え、カヴァー曲としてDIVの「LOVE IS DEAD」を披露。イントロでのコール&レスポンスを先導したLiN(Gt.)は、骨太なバンドサウンドでオーディエンスを魅了した。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会