ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケイシー・ケイサムの遺体がノルウェーの墓地に埋葬、遺産問題で混乱も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気ラジオ番組「アメリカンTOP40」で一世を風靡したDJケイシー・ケイサム。亡くなってから半年後、12月16日に遺体はノルウェーのオスロにある墓地に埋葬されたとゴシップ・サイトのTMZが伝えた。

TMZが確認したのは22日。ケイシーの子供達は埋葬を知らず、TMZ同様、22日に知ったという。

ケイシー・ケイサムの晩年は惨めなものだったようだ。娘のケリによれば、6年程前からパーキンソン病に悩んでいたと言われていたが、実際はそれとは異なる「レビー小体型認知症」だった事が分かったという。

そして症状が重くなると後妻のジーン・ケイサムは、前妻の子供達マイクとジュリーとケリのケイシーへの面会を断った。3人は父の自宅前まで来て、父に会わせて欲しいと嘆願したが断られた。

ケイシー・ケイサムは今年(2014年)の5月、3日間ほど行方不明になって、家族から捜索願が出され、ワシントン州キトサップ郡で発見された。誘拐されたのではないかとの噂も流れた。翌6月15日、入院先のワシントン州ギグ・ハーバーの聖アンソニー病院で亡くなった。82歳だった。

遺体の埋葬の件で、後妻と子供達の間で揉めた。ケイシーが生前希望していたのはロサンゼルス郊外のグレンデールにあるフォレスト・ローン記念公園墓地だった。ウォルト・ディズニーやエリザベス・テイラーやハンフリー・ボガート他多くの著名人が眠っている。

後妻のジーン・ケイサムの母方がノルウェー人の血を引いているという。3人の子供達はジーンに対して、死因を調べる迄は埋葬しないで欲しいと頼んでいた。しかしTMZが伝えたように、ジーンは先妻の子供達には告げず、オスロの墓地に埋葬した。ケイシーの遺産は80億円ほどあるそうだ。もめ事は長く続きそうだ。

ヒット曲をカウントダウンで紹介する「アメリカン・トップ40」はケイシーケイサムのDJで一世を風靡した。
1932年、レバノン系の両親のもと、デトロイトで生まれた。1952年、アメリカ軍に入隊。韓国にある米軍放送AFNにアナウンサーとして配属される。除隊後はアメリカ各地のラジオ局でアナウンサーを勤め、1970年7月4日、「アメリカン・トップ40」がスタートする。音楽業界誌ビルボードによると、番組最初の1位はスリー・ドッグ・ナイトの「ママ・トールド・ミー(ノット・トゥ・カム)」だった。

ヒット曲を作るという意味でアメリカのレコード業界に大きな影響を与えた。ケイシー・ケイサムは番組制作のABCラジオと契約条件が折り合わず1988年8月6日で降板した。10年後の1998年、「アメリカン・トップ40」に復帰。2004年、ライアン・シークレストにバトンタッチするまでDJを努めた。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP