ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国出身・老舗旅館若旦那の苦悩 女将と衝突はしょっちゅう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「エリー、畳の上では靴を脱ぐんじゃ」「いかん!いかん!日本ではハグはいかんて!」──視聴率19%以上をキープしている連続テレビ小説『マッサン』(NHK)。主人公・亀山政春(玉山鉄二、34才)が妻のエリー(シャーロット・ケイト・フォックス、29才)とともに日本初の国産ウイスキーの製造を目指す物語だが、ドラマの裏テーマになっているのが国際結婚の厳しさだ。

『マッサン』では、しきりに「日本人の心」が強調されるが、同じように日本人の心の琴線に触れる温泉旅館という商売に携わるがゆえに、苦労しているケースがある。

 東日本の温泉地で3代続く老舗旅館の若女将、山内美穂さん(仮名、44才)の夫は、アメリカ出身のジェームズさん(仮名、44才)。現在同旅館の若旦那を務めている。きっかけは2003年に美穂さんの父親が亡くなったことだ。

 地元で英語教師をしていたジェームズさんと生徒だった美穂さんは約2年の交際を経て結婚し、アメリカで生活していた。美穂さんの母親で女将の秋子さん(仮名、68才)は夫の死をきっかけに旅館をたたもうと思っていたが、ジェームズさんが「もったいないから旅館を継ぐ」と言い出した。

「私はもともと旅館を継ぐ気はなく、外国人の夫が切り盛りするなんてできるわけがないと思っていました。母親も『そんなの無理よ』と大反対。それでも継ぐと言うので日本に帰ってきました」(美穂さん)

 ジェームズさんを待っていたのは若旦那修業。それまで旅館を仕切ってきた女将とはことごとく意見が食い違う。

 ジェームズさんがインテリアにしようと、どこからともなくボロボロのたんすや臼などを持ち込むと、「そんな使いもしないものを持ってきて。あんたたちが帰ってきてから、ごみ屋敷になった」と小言が飛ぶ。

 自然派のジェームズさんが裸足で廊下を歩いていると、「日本の文化では足の裏の汚いものは見せない」と女将から言われ、ジェームズさんも「これくらいは許してほしい」と言い返して衝突する。

「今でも2人はしょっちゅうけんかしてますよ。私が仲裁に入らなければならないから大変。ジェームズには、『けんかの分だけやりたいことやらせてもらってるんじゃないの?』と言ってなだめてます」(美穂さん)

 やってくる宿泊客も、青い目の若旦那に戸惑う。ジェームズさんが部屋でお茶を出そうとすると「いいから、こちらでやるから」と遮られた。

「男とか女とか関係なく育っているジェームズにとっては普通のおもてなしですが、『外国人の男がお茶を出すなんてとんでもない』というお客さまもいらっしゃいます。でもジェームズはそんなことには負けずに、お客さまに楽しんでもらおうと、積極的に動いています」(美穂さん)

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
30万円のスーツを年中買う年収800万円男性の借金額は500万円
痛風の51才男性 わかめそばとりんごと水摂取し15kg減量成功
日中海戦レポート著者「日本は現実に対して自信を持つべき」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP