ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで値切れる!世界初の価格交渉通販サービス「HowMuch β」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年末になると思い浮かぶのが、上野のアメ横や市場における値切りの風景。店主とのやりとりから、予想外の価格で品物が手に入る喜びは、露店買いならではの醍醐味である。

その楽しさをネット通販の世界で再現したサービスが、このほど登場。世界初となる価格交渉通販サービス「HowMuch β」である。

イメージは、東南アジアの町の露店でのショッピング。サイト内に、価格交渉の相手となる「店長」キャラクターを設置。ユーザーは「店長」とのやりとりを通して、まるで本当に「値切り」をしているような、新しいお買い物体験をすることができるというもの。

気に入ったらすぐ入札!設定販売価格以上なら、即購入可

会員登録は無料。ユーザーは気に入った商品をみつけたら、希望価格で入札。売主が設定した最低販売価格以上であれば、すぐに購入できる仕組みだ。

価格交渉の回数は、商品ごとに決められており、その範囲内であれば何度でも入札することが可。さらに、SNSで商品情報をシェアすれば、価格交渉の回数を増やすこともできるという。

価格は交渉次第。スマホで得る値切りの快感

ネットオークションとの違いは、最後まで値段が釣り上がっていって、結局購入できないといった事態に陥らない点。価格が折り合えばすぐに購入できるし、交渉の手腕次第で、より安価に品物を手に入れることだって可能だ。

公衆の面前で値切るのは恥ずかしくても、ネット上なら堂々と押し通せる。露店慣れしていないデジタル世代も、これならOKだろう。

一方通行なネットショッピングの世界に、一石を投じた本サービス。この分野も、新たなフェーズに入ったのかもしれない。

HowMuch β

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP