ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

発売中止になっていた『絶体絶命都市4』復活!2015年秋に新情報を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 災害をテーマにしたアクションアドベンチャーゲーム『絶体絶命都市4 -Summer Memories-』(以下、本作)の再始動が12月24日、株式会社グランゼーラ(本社:石川県金沢市)から発表された。

【関連:復活といえばこんなニュースもあるよ→うぉぉぉぉぉぉ『ランボー』復活!第5作製作へ】

 シリーズはこれまで『絶体絶命都市』『絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-』『絶体絶命都市3 -壊れゆく街と彼女の歌-』の3作品リリースされているが、本作については2011年に開発・発売中止が発表され、さらにはシリーズ全作の生産中止も発表されていた。

 その後長期にわたり特に音沙汰がなかったが、これまでの権利所有会社、アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社から、元アイレムのスタッフ達が立ち上げたグランゼーラにシリーズ権利(販売権、知的財産権)が譲渡されたことで、話が一気に動き出したようだ。

 なおグランゼーラは、旧作のダウンロード販売を予定してることも発表した。ダウンロード販売については、準備が整い次第公式サイトを通じて発表するとし、本作に関する情報は2015年秋頃を予定としている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP