ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロボットは個人用の時代!?十万円台で購入できる「ルナ」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

なんだかちょっと困り顔がかわいらしい、このロボットの名前は「Luna(ルナ)」。

2011年に3000ドル(約36万円)で発売されて話題になった家庭用ロボットなのだが、このLunaが、再び脚光を浴びている。

というのも、最近になってこのロボットを作ったRoboDynamics社が、Kickstarterで新プロジェクトを立ち上げたのだ。

身長152cm、体重27.2kgの身体で、腕は可動式。

顔部分がタッチスクリーンになっているほか、HDカメラ、Wi-FiやUSBポートも備えている。

開発者のFred Nikgoharさんによると、こうした家庭用ロボットをもっと多くの人に広めたくて、再度プロジェクトを立ち上げたのだとか。

今回のプロジェクトでは、さらにさまざまなタスクに応えられるように改良。

例えば、介護ロボットとして緊急事態に備えたり、セキュリティロボットとして敷地内をパトロールしたり。

Lunaにインストールするアプリケーション次第で、あらゆる仕事を一気にこなすことができるようになるという。

まさに“家庭用”を超えた“個人用”ロボットとして活用できるというのだ。

目標額は50万ドル(約6020万円)で、出資期限は2015年2月13日まで。

出資額は10ドル(約1200円)からで、999ドル(約12万円)でLunaを1台、2999ドル(約36万円)でシリアルナンバー入りのLunaが手に入る(送料は別)。

発送は2015年12月を予定しているそうなので、興味がある人は出資を検討してみてはどうだろうか?

Kickstarter(Luna)
https://www.kickstarter.com/projects/frednikgohar/every-home-deserves-a-personal-robot-meet-luna
ROBODYNAMICS
http://robodynamics.com/
Schultzs Works Designstudio
http://schultzeworks.wpengine.com/

Kickstarter(まとめ)
ロボット(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP