ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コルグDSDレコーダー「MR-2000S」に128GBのSSDを搭載した「MR-2000S-BK-SSD」発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コルグの1Uラックサイズの最上位DSDレコーダー「MR-2000S」に、新たに128GBのSSDを搭載した「MR-2000S-BK-SSD」が12月下旬に発売される。

従来の「MR-2000S」は、160GBのHDDを搭載し5.6448MHz/1-Bitの高品位レコーディングですでに多くのレコーディング・スタジオでも導入されているモデルで、OTOTOYから配信されている曽我部恵一『氷穴EP』なども「MR-2000S」を使って録音がおこなわれている。「MR-2000S-BK-SSD」は長時間録音が可能で信頼性に優れた128GB SSDを新たに内臓。5.6MHzのステレオで録音した場合は約23時間、44.1kHz/16bitのPCMでは最大約190時間の録音が可能となっている(最長連続録音時間は6時間)。

また、幅広いフォーマットの録音・再生に対応しており、1bit録音/再生は5.6MHz/2.8MHz、PCM録音/再生は最高24bit/192kHzまで対応。さらにファイル・フォーマットについても1bitはDSDIFF/WSD/DSFすべてに対応。PCMのサンプリング周波数は16bit/44.1kHzから24bit/192kHzまで対応しており、MP3の再生も可能となっている。

OTOTOYから配信されているDSD音源を再生することにより、プロのマスタリング現場で鳴っているリアルなサウンドを、自宅のリスニング・ルームで楽しむこともできる「MR-2000S-BK-SSD」。価格はオープン・プライス(市場想定価格130,000円(税込み)前後)で12月下旬発売。詳細・お問合せは(株)コルグお客様相談窓口まで。(岡本貴之)

・コルグ・ホームページ
http://www.korg.com/jp/
・(株)コルグお客様相談窓口
TEL:0570-666-569
・OTOTOY DSD配信音源カタログ
http://ototoy.jp/feature/index.php/dsd_catalog/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP