ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歌舞伎版ワンピースに初心者も興味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画『ONE PIECE』が、2015年秋に新橋演舞場で「スーパー歌舞伎II(セカンド)」として、市川猿之助主演で上演されることが明らかになった。

【画像や図表を見る】

言わずと知れた海賊たちの冒険を描いた漫画『ONE PIECE』。これまでアニメ化、アニメ映画化はされてきたが、実写化や舞台化はされておらず、“生身の人間”が『ONE PIECE』のキャラクターを演じるのは、今回のスーパー歌舞伎が初となる。

主人公のルフィを含めて配役や登場人物、ストーリーなどは一切明かされておらず、どんな作品となるかはまったくの謎だが、とにかくネット上の『ONE PIECE』ファンたちは驚くばかり。ツイッターでは、

「エイプリルフールかと思ったよ」
「ちょっと、、、。ワンピース歌舞伎化って何やねん どうしたの」
「ワンピース、歌舞伎化ふぇっ?!頭が追い付かないぞー しかも猿之助さんんんんん!!!!」

などの声が多数みられる。

人気漫画の実写化となると、原作とのギャップから不評となることも多い。そのためか、新たな作品の実写化のニュースが流れるたびに、ネット上では反発の声があがることも。しかし、今回は“実写”ではなく“歌舞伎化”ということで、いつもと様子が違う。ツイッターでは、

「ONE PIECE×歌舞伎は世界観がガラッと変わるし、実写化ではない感覚が強いから楽しみ
歌舞伎の世界を身近に体験できそう」
「『ONE PIECE』をスーパー歌舞伎でやるらしい・・・すっごいな!新橋演舞場で『ONE PIECE』!なんだかもうそれだけで面白い。花道からチャリーンって出てきてカンカーンてルフィが見得を切るの?面白い!!すごいわ~。派手だわ~~。衣装とかどんなの着るんだろうな~」

など、これまでにない作品が見られそうだと期待する声が多かった。また、

「歌舞伎には興味ないけど、ワンピースなら観てみたい(’‐*)♪
ワンピースの歌舞伎ってどんな感じかな(*^.^*)
なんか面白そう♪♪♪」
「恥ずかしながら漫画のONE PIECEを読んだことないけど、歌舞伎のONE PIECEは観てみたいなぁ(*^^*)」

と、“歌舞伎を見たことがない”あるいは“ONE PIECEを読んだことがない”ネットユーザーも興味を示していた。

前代未聞の人気漫画の歌舞伎化。歌舞伎初心者や『ONE PIECE』初心者でも楽しめる作品を期待したいところだ。
(R25編集部)

歌舞伎版ワンピースに初心者も興味はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「ナミ役」一番似合うのは佐々木希
ヨドバシアキバと品川に麦わら一味
ジャンプ電子化で地殻変動起きる?
海老蔵が猛烈な勢いでブログ更新中
「相撲にハマる女子」急増の理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP