ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アナログでかわいい!レシート紙に印刷できるインスタントカメラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ちょっとしたパーティーなど人の集まる催しで、あると盛り上がるのがインスタントカメラ。

撮った写真をその場ですぐに手にとって楽しめるし、後から見てみてもにぎやかな時間を思い出させてくれる。

ただ、そんなインスタントカメラの難点はフィルムが高価なこと。面白いシーンをたくさん撮影したくても、全部撮ったら思いのほかコストがかかって驚いてしまう。

でも、こちらの”PrintSnap”なら、そんな悩みはもう不要!

米シアトルに拠点を置くエンジニアのMichael Ciuffoさんが開発したPrintSnapは、レシートに使われる感熱紙に写真をプリントできるインスタントカメラ。

感熱紙は安価なため、ポラロイドカメラのフィルム8枚分のコストで800枚以上の写真が撮影できるという。

このカメラで実際に撮影された写真はこちら。

素晴らしい画質というわけにはいかないが、アナログで懐かしい仕上がりになっている。

パーティの盛り上がる瞬間を収めれば、ふつうのカメラとはまた違った味わいになるかも。

気兼ねせずどんどん撮影して、パラパラマンガのように眺めても良さそうだ。

現在、PrintSnapはクラウドファンディングサイトのKickstarterでの資金調達を準備中。興味がある方はサイトで最新情報をチェックしてみて。

PrintSnap
http://www.ch00ftech.com/printsnap/

カメラ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP