体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

miwa、初のアリーナツアーファイナルで武道館公演をサプライズ発表

miwa初のアリーナツアー「miwa-39 live ARENA tour-“miwanissimo 2014"」が、12月24日に横浜アリーナにて大盛況のうちにツアーファイナルを迎えた。

12月24日@横浜アリーナ (okmusic UP's)

12月9日からスタートした今回のツアー。12月24日のツアーファイナルでは12,000人のファンと共に、最高のクリスマスライブとなった。1曲目、「ありえない!!」のイントロと共にステージ中央にmiwaが登場すると、客席からの溢れんばかりの大歓声によりライブが始まった。1曲目からmiwaの歌声と、息がぴったり合ったファンの掛け声により、最初からライブのテンションは最高潮に。ワンマンとしては初めての横浜アリーナのライブとなったmiwaは、「大好きなアーティストをたくさん観てきた思い入れのある舞台についに立つことができて本当に嬉しい」と、今までの道のりを噛みしめながら語った。

そしてMC後、「君に出会えたから」などシングル曲も披露した後は、来年1月31日に公開する映画 『マエストロ!』に出演し、女優に初挑戦した写真を公開。作中では天才フルート奏者「あまね」を演じる彼女にも注目だ。

また、この日はクリスマスイブということもあり、ライブ中盤ではクリスマスメドレーが流れ、サンタクロースの衣装を着たmiwaがゴンドラに乗って登場。アリーナ中を回り、ファンへクリスマスプレゼントを贈るサプライズ演出も行われ、会場は大盛り上がりとなった。

一転、11月12日にリリースされた、TBSドラマ『ママとパパが生きる理由。』の主題歌となっている「月食~winter moon~」、アコギ1本の弾き語りで魅せた「Delight」と、感動的なシーンが続く。会場中が彼女の表現力に感動していると、いきなり中央のステージがせりあがりmiwaのDJタイムがスタート。光と音と、miwaの笑顔で会場中が元気に満ち溢れると、そのまま大人気曲「ヒカリへ」と続き、その後も「chAngE」などで会場は熱気に包まれたまま本編が終了した。

アンコールに登場したmiwaは、2015年3月に、生ギター1本のライブ「miwa live at 武道館 ~acoguissimo~」を日本武道館にて2日間行なうことを発表。miwa自身2年ぶりの公演となる、東京・日本武道館。本人は「武道館で、憧れのアーティストさんが弾き語りライブを行なっていて、私も夢でした」と、新たな挑戦に胸を震わせた。また、武道館ライブ後も、バンド形式の全国ツアーを6月まで行なうことも発表し、来年もファンにとって嬉しい一年となることを予感させた。

そして最後のMCでは、「私がここまで来れたのは、ファンの皆さんのおかげ。この大切な曲をみんなと共に歌いたい」と語り、最新シングル「希望の環(WA)」を会場に全員と大合唱し、この大舞台は幕を閉じた。

終演後、「次の目標は日産スタジアム!」と次なる目標を掲げたmiwa。止まることの無い快進撃から目が離せない。

photo by 佐藤薫

【セットリスト】
M01 ありえない!!
M02 いくつになっても
M03 リトルガール
M04 FRiDAY-MA-MAGiC
M05 君に出会えたから
M06 Faith
M07 Let me go
M08 クリスマスメドレー
Gloria in excelsis Deo~Joy to the world~Jingle Bell Rock
~Santa Claus is coming to town~Sleigh Ride~Let it snow
~赤鼻のトナカイ~ジングルベル~ママがサンタにキッスした
~あなたがいないと世界はこんなにつまらない
M09 月食~winter moon~
M10 Delight
M11 ヒカリへ
M12 LOUD!~憂鬱をぶっとばせ~
M13 chAngE
M14 again × again
<ENCORE>
EN1 春になったら
EN2 ミラクル
EN3 希望の環(WA)

【ライブ情報】
『miwa live at 武道館 ~acoguissimo~』
3月07日(土) 東京 日本武道館
開場 17:00 / 開演 18:00
3月08日(日) 東京 日本武道館
開場 15:00 / 開演 16:00

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。