ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大河『花燃ゆ』井上真央 山口のタクシーで素人と間違われる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月4日から大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK総合、日曜午後8時~)が始まる。主演の井上真央(27)は、朝ドラ(2011年の『ひまわり』)と大河の両方で主演する3人目の女優(他の2人は松嶋菜々子と宮崎あおい)となり、名実ともに2015年は「NHKの顔」としてフル稼働する。

『花燃ゆ』は、幕末から明治維新にかけての日本の動乱期に長州(山口県)の萩を舞台に活動した吉田松陰ら長州藩士の姿を、彼らを支えた家族の視点から描く。井上は松陰の妹・文(ふみ)を演じる。

 注目されることになった井上だが、そんなプレッシャーを見せることなく、現場での評判は上々だという。

「とにかく勉強熱心です。事前に松陰の生家や墓を訪れ、資料もかなり読み込んでいます。脚本に対して『その時は〇〇でしたよね』と史実がしっかり頭に入っているようです。最初は方言に慣れなかったようですが、テープを繰り返し聞いてかなり上達しています。

 近年、大河ヒロインを務めた若手女優の中には演出家と折り合いが悪く撮影が滞るような女優さんもいましたが、井上さんは指示を的確に理解してくれるのでスタッフ受けは抜群です」(制作関係者)

 井上は5歳で子役デビューし、小3の時にNHKドラマ『藏』に出演。その後『キッズ・ウォー』(TBS系)でブレイクした。子役出身者に多いといわれる尊大さは一切なく、謙虚な姿勢は一貫している。

「撮影開始前のロケハンで山口に行った時、タクシーの運転手さんが井上さんに気づかずに『来年の大河はあなたと同い年くらいの女優さんが演じるからぜひ見てよ』と言うハプニングがあったのですが、彼女は笑顔で『はい!』と答えたそうです」(前出・制作関係者)

 ドラマの見どころを碓井広義・上智大学教授(メディア論)が語る。

「知名度の低い難しいヒロインを務めるのは、子役時代からNHKに出演して演技力を磨いてきた井上さんが適役。すでに朝ドラの主役を経験している彼女が今回の大役も演じきれば、国民的女優の座を不動にできるはずです」

※週刊ポスト2015年1月1・9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
結婚してさらに色香を増した井上和香をスペシャル撮りおろし
お龍・真木よう子がシースルーワンピからうっすらボディ露出
井上真央 博多料理店で白濁スープをおいしそうに飲む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP