ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナッツ騒動 ゲームアプリやパロディCM登場で韓国ではネタ化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月5日の深夜0時、米ニューヨーク発、韓国仁川空港行きの大韓航空086便のファーストクラスに搭乗していた大韓航空前副社長のチョ・ヒョナ氏(40才)は、席に着くなりワイン2杯を飲み、ほろ酔い気分でくつろいでいた。

 しかし離陸前、女性客室乗務員が機内サービスのマカダミアナッツを袋のまま出したことで顔色を変える。

「一体どういうサービスをしてるんだ! マニュアルでは、ナッツは皿に盛りつけて出すことになってるだろ!」

 怒鳴り散らす彼女に、この客室乗務員はひざまずいて許しを請うが、ヒョナ氏の怒りは収まらなかった。責任者である事務長を呼びつけ、2人とも土下座させ、罵詈雑言を浴びせた。

「このバカ野郎! 飛行機を止めろ! 今すぐにおまえは降りろ!」

 サービスマニュアルの角で事務長の手を打ちつけたあげく、すでに滑走路に入っていた同機を無理やり搭乗口に引き返させ、事務長を飛行機から降ろすという暴挙に出た。

 乗客の告発で明るみになったこの“ナッツリターン”事件は、たちまち韓国国内のワイドショーを独占。その後、事務長に対し、「国交省の聞き取り調査には、飛行機を降りたのはあくまで自分の意志だと言え」と指示するなど、隠ぺい工作まで発覚し、国交省がヒョナ氏を検察に告発したため、すでに当局の捜査も始まった。彼女は12月17日にソウル西部地検に出頭し、12時間の取り調べを受けている。

「今では飛行機を操作して飛んでくるナッツ袋を避け、裸のナッツをゲットするというスマホ用ゲームアプリが登場して大人気になっています。ネット上では“ナッツ航空”なるパロディーCMが作られたりと、韓国国内ではもはや怒りを通りこして笑いのネタにしようとする向きもあります」(韓国の全国紙記者)

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
世界初の飛行機は秀吉朝鮮出兵時に城から脱出した「飛車」説
韓国人も激怒した大韓航空「ナッツ女性副社長」ワガママ人生
金子哲雄氏 地方都市にとってLCC就航が地域活性化のカギ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP