ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MIUIを搭載した謎のXiaomiタブレットの写真が流出、Intel Atomプロセッサを搭載しているという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「MiPad」ではない小米科技(Xiaomi)の新しい Android タブレットとされる端末の写真が中国のマイクロブログサイト Weibo で公開されました。写真によると、このタブレットは MIUI ROM を搭載しており、「141110」という Xiaomi 型番が割り当てられています。写真を投稿した方の話によれば、この端末は 7.9 インチの Retina ディスプレイ、Intel Atom 1.8GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM を搭載しているそうです。画面上の表示でも一部のスペックを確認できます。Xiaomi がこれまでに発売したタブレットは 7.9 インチ Retina ディスプレイや ARM ベースのTegra K1 プロセッサを搭載した MiPad のみ。今回噂された端末は、画面サイズや主要スペックはこれと共通しているものの、プロセッサは異なっています。LTE などのセルラー機能に対応させるためにプロセッサを変更した?それとも単なる新機種?ネット上でこの機種は「MiPad 2」などと呼ばれています。Source : Weibo


(juggly.cn)記事関連リンク
サンスター、スマートフォンと連動した歯みがき体験を提供する歯ブラシアタッチメント型デバイス「G・U・M PLAY」を開発、2015年に発売へ
ドイツのAmazon.deでHTC RE用のHTC純正充電スタンド「RE Charging Stand」が発売中、日本直送に対応
ドイツのAmazon.deで64GBモデルの「Nexus 6」が販売開始、日本直送にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP